ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

リオ五輪開会式、盛大に開催。日系移民の歴史もフィーチュア

リオ五輪 開会式

その後も続いたセレモニーの後半は、マッチ箱を打楽器に見立てた演奏とブラジル人の男の子によるサンバステップが披露され、華やかなサンバ衣装を着たパシスタたちが浮かび上がった。そして、リオを代表する上位12のエスコーラ・ヂ・サンバが、カーニバル会場のサンボードロモさながらの本格的な行進を披露。2016年の優勝チーム、マンゲイラを筆頭に各団体が次々と登場した際には、会場がサンバ一色に染まった。

そのほか、カポエイラや北東部の伝統音楽マラカトゥなども盛り込まれ、ブラジルの多様性を魅せた。これぞブラジル! という演出で、2016年リオオリンピックが開幕となった。

リオ五輪 開会式

リオ五輪 開会式

(文/柳田あや 写真/Fernando Frazão/Agência Brasil)

■関連記事
「TOHOKU & TOKYO in RIO」にフェジョンプレット選抜メンバーとともに出演します
オリパラ期間中の移動にはこれ! 公共交通機関の「リオカード」
リオ五輪選手村、アスリートの不満は設備よりポケモンの不在!?
映画「ペレ 伝説の誕生」にブラジルサッカーの真髄を見た
オリパラ開催期間限定!リオカルチャーパスポート

1 2 3 4 5 6
このエントリーをはてなブックマークに追加