ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

日本ハムグループ、ブラジル市場へ再挑戦

NH Foods ブラジル 日本ハム

また、日本ハムの企業風土の一つに、野球やサッカーを通しての社会貢献がある。

「食とスポーツで健康を育てよう」をテーマにスポーツを通じて人々が触れ合う交流の場を作り、人と人の心がつながるコミュニケーションづくりに取り組んでい
る。

野球では「北海道日本ハムファイターズ」の運営、サッカーでは「セレッソ大阪」の共同運営を行っており、その他にも市内マラソンや野球教室の開催など、これらの活動を通してスポーツの底辺拡大と青少年の健全育成を支援している。

こうした日本での活動で得た知識を基に、今後はブラジルでもスポーツを通した社会貢献に取り組んでいきたい。

今回縁があって、ブラジルでの新会社(NHフーズ・ブラジル)立ち上げを任される事になった。

輸入鶏肉を販売する部署に所属していた事から、ブラジルとの接点は持ち続けており、ブラジルへの再進出を進言し続けていた為、「そこまで言うのなら自分でやってみろ」と指名されたと認識している。

日本ハムは13の事業を持ち、扱い食品も多岐にわたる。この中からどの商品がブラジルの食文化を豊かにする事が出来るのか、どの事業がブラジルの消費者に「食べる喜び」を提供する事が出来るのか、現在トライ&エラーを繰り返しながら検証を行っている。

設立者として、会社員としての残りの 25年間をすべてブラジルに捧げ、
”brasileiro da gema”として、事業の発展に貢献したいと考えている。

(文/西裏昌弘、記事提供/ブラジル特報(日本ブラジル中央協会)、写真/Reprodução/NH FOODS BRASIL)

ブラジル特報

※「ブラジル特報」は日本ブラジル中央協会が発行している機関紙。隔月発行、年6回、会員に無料配布される。日本ブラジル中央協会への問い合わせは、E-mail info@nipo-brasil.org、TEL:03-3504-3866、FAX:03-3597-8008 まで。

■関連記事
秋期 ポルトガル語講座  2016年9月開講
砂糖不使用のヨーグルト専用「デザートソース アサイー」発売
ブラジルの復活祭名物、たまご型チョコにもスーパーフードの波
経済危機にも負けず。ブラジルで健康食品市場が成長
ブラジルのオーガニック食品生産者、2年間で倍増

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加