ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル小売業界の雄、パォン・ジ・アスーカル・グループ

パォン・ジ・アスーカル

直近9年間のGPAの業績は上のグラフの通りです。2009年に家電事業を買収して、急激に売り上げ規模を2倍以上に伸ばしましたが、家電事業はブラジル経済の停滞の影響を受けて、2013年をピークに伸び悩んでいます。一方で、食品事業の方は、順調に業績を伸ばしています。

利益は2014年まで順調に伸ばしていましたが、2015年から経済停滞の影響を受けてマイナスに転じています。

パォン・ジ・アスーカル

(文・グラフ作成/唐木真吾)

■関連記事
日本が天国に思える?ブラジルのトンデモナイ医療事情 その2
ブラジルキリン、製造部門の一部をアンベブに売却
コパカバーナ海岸やサンパウロ市街地にゾンビが大量発生!?
北東部の雨不足、水力発電にも影響
ブラジルで学生による格安ビジネスコンサルが好評

1 2 3 4
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

1982年長野県生まれ。東京在住。2005年に早稲田大学商学部を卒業後、監査法人に就職。2012年に食品会社に転職し、ブラジルに5年8カ月間駐在。2018年2月に日本へ帰国。ブログ「ブラジル余話(http://tabatashingo.com/top/)」では、日本人の少ないブラジル北東部のさらに内陸部(ペルナンブーコ州ペトロリーナ)から見たブラジルを紹介している。