ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

レゴアートの世界、リオで披露。ペレを題材にした作品も登場

リオ レゴアート ネイサン・サワヤ ブロックの芸術展

展覧会での最大の作品は、幅6メートルの恐竜の骨格で、この作品には8万20個のレゴが使われた。展覧会全体では100個以上のレゴが使われているという。

また、「ミロのビーナス」、ロダンの「考える人」やムンクの「叫び」、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」など、歴史的な芸術作品からインスピレーションを受けた作品の数々もある。

リオ レゴアート ネイサン・サワヤ ブロックの芸術展

リオ レゴアート ネイサン・サワヤ ブロックの芸術展

「アート・オブ・ザ・ブリック(ブロックの芸術)」は国立歴史博物館(MHN)(リオデジャネイロ、旧市街区(セントロ)、マレシャウ・アノクラ広場)にて1月15日(日)まで開催(開館は火曜~日曜)。入場料は20レアル。

※展示作品の写真は次ページ以降にも掲載。

(文/麻生雅人、写真/Alexandre Macieira/Riotur)

■関連記事
リオの観光名所をレゴで再現
五輪ロードレースのコースでみる、リオの素敵なスポット
リオ・オリパラ公式キャラ「ヴィニシウスとトン」がレゴに
コパカバーナの新年カウントダウン、景気後退で花火の時間短縮
ブラジルファッションの100年をふりかえる

1 2 3 4 5
このエントリーをはてなブックマークに追加