ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

仏の老舗チョコレート店「CHAPON」が日本一号店をオープン

シャポン bean to bar

かつてはバッキンガム宮殿のお姫様専属アイスクリーム職人だったというパトリス・シャポンは、若くしてパリに4店舗、チョコレートの専門店を出店。以来、30年間以上、「CHAPON(シャポン)」はチョコレートのトップブランドとしてパリっ子に愛され続けている。

世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ・パリ」では2007年と2011年にグランプリを受賞している。

個性豊かな「CHAPON(シャポン)」のチョコレートはこれまでパリにある4店舗のみでしか購入できなかったが、東京・自由が丘にオープンした「シャポン自由が丘店 カフェ&ブティック」ではタブレットを中心に同ブランドのチョコレートを販売する。

シャポン bean to bar

20種類以上のBeantoBar製法で作られたタブレットのほか、デザイン性の高いシャポンデザインのボール型ショコラもバレンタインデーに向けて注目を集めそうだ。

また、世界初となるシャポンカフェでは、BeantoBar製法で作られたシャポンの4~5パターンのタブレットや、フランス直輸入のボンボンショコラの食べ比べが、シャポンオリジナルの美しいカップとディッシュで楽しめるという。

商品ラインナップは、随時フランスから入荷して増やしていく予定とのこと。今後は、フランスパリ本店でしか食べることができなかった、BeantoBar製法で作られたショコラムースの提供も計画されているという。

シャポン 自由が丘

「CHAPON(シャポン)」自由が丘店
東京都目黒区自由が丘2-8-8 102
営業時間 年中無休 11時~20時
http://chocolat-chapon-jp.packarts.net/

(文/麻生雅人、写真提供/パックアーツ)

■関連記事
講演:ブラジル飲食文化の最新事情の新展開
クリスマスの恩赦で釈放された囚人が強盗
14年目を迎えたリオのイエマンジャー祭
2016年のお酒のヒット、キーワードは「クラフトビール」と「チョイ飲み」。ブラジル産も流行に貢献!?
駐ブラジル・ギリシャ大使殺害容疑で夫人と愛人、拘留される

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加