ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル全国選手権2017。第1節フラメンゴ対アトレチコミネイロ

ブラジル全国選手権2017 ホビーニョ

しかし、ホビーニョは残念ながら期待したほどの活躍は見せてくれなかった。全盛期を知っている者としてはドリブルを見たいのだが、ドリブルはほとんど見ることができなかった。ボールを受けてもすぐパスしていた感じだ。完全にピークは過ぎていると思うが、お気に入りの背番号7番を背負い先発で使われているので、それなりの評価を受けているのだと思う。悪くはないと思うが、光るものは感じられなかった。しかし、久しぶりにホビーニョのプレイを見れたことは単純にうれしく思った。

この日、フレッジも決定的な仕事はできなかったが、存在感はホビーニョよりも上回っていた。同じFWでもタイプはまったく違うが、フレッジはCFとしての存在感があった。

ブラジル全国選手権2017

エリアスはさすが仕事人だと唸らされた。ボランチというポジションからしてすごい運動量だった。いろいろなところに顔を出していた。圧巻は、ホビーニョ、フレッジとつなぎ、最後に2列目から出てきて見事にゴールを決めたところだ。さすが仕事人と唸らされてしまう。

アトレチコミネイロはそれだけでなく、ハファエロ・モウラとマイコスエウもいて、それぞれフレッジ、ホビーニョと交代して出場した。

ブラジル全国選手権2017

試合は結局1-1で引き分けだった。

相変わらず、レフリーは、選手が倒れたらすぐ笛を鳴らしファウル取っていた。また、選手たちは随所に個人技も見せてくれていた。ブラジルサッカーはよくも悪くも健在だな、と思ったりした。

ブラジル全国選手権は日本ではグローボインターナショナルと、DAZN(ダ・ゾーン)で放映している。DAZNでは今のところ、ブラジル選手権については開幕節のこの試合だけしか表示されていないので、第2節以降どうなるのかわからないが、ぜひ今後も放送を続けてほしい。そして、一人でも多くの人にブラジルサッカーを見てほしいと思う。

(文/コウトク、写真/Rodrigo Gazzanel/Agencia Corinthians)

■関連記事
日本各地でカクテルのイベント開催。カイピリーニャのワークショップも開催
「ジャパンハウス」、遂に一般公開される
シンガーソングライター、ベウキオールが他界
3Dプリンターが女性を救う!? 新型インソールがブラジルに登場
Jリーグ史上唯一の3連覇を果たしたオリベイラ監督、コリンチャンスで出陣

1 2 3