ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

コーチング活動で夢をつかむ日系ブラジル人

中原シゲオ コーチング

中原シゲオさんが執筆を担当したのは、「O Poder dos Relacionamentos(繋がりの力)」の第23章。この章には「難しい会話から独創的な会話へ」というタイトルがつけられています。

対人関係における会話のむずかしさ…これは、誰もが経験していることでしょう。

上司と話す時や、恋愛関係にある相手と話す時に、自分の意図をわかってもらえなくて悔しい思いした人や悲しい思いをした人はたくさんいると思います。

そんな、意思の疎通のむつかしさに悩む会話から、独創的で楽しい会話にするためにはどうしたら良いのか、そのために会話中にフォーカスすべきポイントはどこなのか…。これまで気づかなかった多くのことを、この本は教えてくれるでしょう。

例えば、恋愛をする中で、相手と意見があわなかったり、結果的に別れてしまうこともあると思います。そんなとき、会話のポイントを「解決策」ではなくではなく、「相手の悪いところ」や、「理解してもらえない自分のこと」ばかりにフォーカスしてしまっていたのかもしれません。

別々の環境で育ち別々の価値観を持ち、夢や希望も違う、そんなカップルが一緒になるには、当然ながら忍耐力や相手を理解しようとする努力が必要です。その努力の結果、自分が望んでいない結果を導いてしまう…と感じている人は、もしかしたら努力すべきポイント自体がズレているのかもしれません。この本は、そんなことを考えさせてくれる1冊なのです。

また本書では各章に課題が出されており、さまざまな質問に答えていくトレーニングを通して、より自分と向き合うためのコーチングを体験できるつくりになっています。

コーチングに興味ある方はもちろん、ひとりの人間として成長をしたい方にもお薦めの一冊です。

(写真・文/長倉チエミリズレイ)
中原シゲオさんはフェイスブック「Meu Futuro.jp(私の将来)」というページでもたくさんの知識や経験を共有しています。「O Poder dos Relacionamentos(繋がりの力)」(Saphi社刊、ポルトガル語)についての問い合わせも同ページへ

■関連記事
ブラジル人が一緒に働きたいと思う上司像とは?(1)
ブラジル人が一緒に働きたいと思う上司像とは?(2)
ブラジル人が一緒に働きたいと思う上司像とは?(3)
ブラジルの起業家たちの合言葉は「スマートマネー」
神戸でトゥッカーノとシマスカンクの赤ちゃん生まれる

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加