ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

2018年、ブラジルの最新クラフトビール事情

オスカーニーマイヤー クラフトビール ブラジル

カンポス・ジェライス地区ポンタ・グロッサ市内に4社ある小規模製造業者の一つを経営するホベルト・ワシレウスキさんはクラフトビールのムーブメントに直接かかわっている一人だ。

ホベルトさんはパラナ小規模ビール生産者協会の代表で、2014年にクラフトビール製造請負会社を設立している。

同社は月平均2万リットル、14種類のクラフトビールを作っている。製品は工場直結のバールで販売されている。

「ポンタ・グロッサでは以前はクラフトビールなどほとんど話題に上っていませんでしたが、ここ数年、クラフトビールの消費者数が増えてきています。彼らは新しいものを求めていて、良いものを少しずつたしなむ傾向を見せています。クラフトビール市場は今までにもかなり成長しましたが、今後もっともっと広がると信じています」(ホベルト・ワシレウスキさん)

(文/原田 侑、写真/Divulgação/Way Beer)
写真は2017年1月21日。パラナ州クリチーバ市にあるオスカー・ニーマイヤー博物館でクラフトビールフェアが開催された

■関連記事
ビールのワールドカップ審査員にブラジル人選出される
クラフトビール事情も紹介。ブラジルの食文化がこの1冊に。「おいしいブラジル」刊行
マルセロ・フェハス農牧供給省副大臣に訊く、ブラジルのクラフトビール事情
SPのクラフトビール・ブランドが砂糖控えめの清涼飲料水を発売
ブラジルGDP(2017年)、2年ぶりに上昇に転じる

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加