ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

【コラム】CCBCジャズフェスト 投票結果

米田真希子

多くの皆様にご支援頂いたCCBCジャズフェストの投票では、3500以上を投じて頂き、3位から4位に浮上しまたが、残念ながら、決勝には進むことはできませんでした。

それでも毎日1票1票入れて頂き、SNSでもシェアをして頂き、応援の言葉をかけて頂き、どれだけ励まされ、どれだけ心強かったことか。本当にありがとうございました。

決勝で演奏したかったです。しかし私自身はこれが今のブラジルでの実力だと受止め、また一から楽しく音楽と共にブラジルで頑張ってまいります。

投票の結果を記しておきます。現在のブラジルのインストゥルメンタル音楽の若い才能がずらりと並んでいます。

ピアニストのフラーヴィオ・イアヌッツィが率いるトリオ、パラナ州のバンドリン奏者ダニエウ・ミリアバッカのクアルテートをはじめ、皆様、改めて、心からお礼申し上げます。どのグループも素晴らしいグループです。健闘を讃えたいと思います。

一般投票獲得数

1) FLÁVIO IANNUZZI TRIO – 13441 Votos

2) ZECA VIEIRA QUARTETO – 11900 Votos

3) TRIO DA TICA – 4943 Votos

4) MAKIKO YONEDA TRIO – 3508 Votos

5) TRINCA BRASIL – 3014 Votos

6) DNEY BITENCOURT – 2136 Votos

決勝進出バンド

1) FLÁVIO IANNUZZI TRIO – 13441 Votos

2) DANIEL MIGLIAVACCA QUARTETO CONVIDA BEBÊ KRAMER – 900 votos

3) JOSIEL KONRAD QUARTETO – 620 VOTOS

4) TRIO DA TICA – 4.943 VOTOS

5) TRINCA BRASIL – 3.014 VOTOS

(文・写真提供/米田真希子)

■関連記事
ブラジルのショーロシリーズ 1:ラエルシオ・ジ・フレイタス「カモンドンガス」」
夏の夜のブラジル縁日+未CD化のボサノヴァを聴く会
ホメロ・ルバンボが来日、ピーター・マーティンとコットンクラブで共演
ジョイス、2018年公演のゲストはシコ・ピニェイロ
名門ウェーバーハウスがプライベート・クラフトカシャッサのサービスをスタート