ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

フランスでカシャッサの輸入増える

ブラジル各地のカシャッサ(写真/Valter Campanato/Agência Brasil)

英国のコンサルタント会社CGAによる調査によると、今年5月から6月の間​​、すべての蒸留酒の中でカシャッサが、フランスで最も高いパフォーマンスを記録したという。ブラジルの現地紙「オ・グローボ」が伝えている。

パンデミックの影響でカシャッサも輸出に支障がきたされていたが、段階を経て輸出が再開される中、フランスの輸入量は昨年と比べ118%増となったという。ウイスキーとウォッカの輸入量は、それぞれ73%増と75%増だった。

カシャッサの消費はドイツでも好調で、とりわけカシャッサをベースに使うカクテル、カイピリーニャの人気が高いという。

(文/カシャッサ麻生)

■関連記事
自然の多様性とボタニカルな魅力が香るサトウキビを原料とした ブラジル原産の蒸留酒「カシャッサ」
リオのキリスト像、カシャッサを発売
日本にも本格上陸の「ハードセルツァー」、その定義とは!?
ラテンアメリカ最大のビール製造会社アンベブがビール以外のアルコール飲料部門設立
ブラジルで、カカオの果肉から作られた蒸留酒が誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加