ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

【コラム】アマゾン先住民の儀式を体験。
あれは精霊と交信だったのか…!?

国立先住民保護団体(FUNAI)によると、熱帯雨林が広がるアマゾン地域には外界との接触を持たない孤立した先住民の部族が107確認されているという。

しかし、先住民の中には、時代の変化を受け入れ現代社会とも交わりをもつ部族も少なくない。


続きを読む

ブラジルの宿泊施設は「ゲストに十分な食事」がおもてなしの鍵

数々のユニークな宿泊施設と人々を繋げる世界最大級の宿泊予約サイトBooking.comの日本法人ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社は4月22日(月)、旅行先での宿泊施設のホストとゲストの距離感に関する調査データを発表した。

ブッキング・ドットコムによると、近年の民泊市場の拡大により、民泊の「ホスト」として旅行者を迎え入れるケースが増加しているなか、旅行者のニーズに応えることは、宿泊施設にとって他の施設との差別化を図るうえでも重要になってきているという。


続きを読む

「男の子は青、女の子はピンク」…閣僚の失言に国民がすかさずSNSで反応

数々の極右的言動、マイノリティ差別発言で世間を騒がせ続けている「ブラジルのトランプ」こと、ジャイール・ボウソナロ(ボルソナロ)氏は2019年1月1日、正式にブラジル連邦共和国大統領に就任した。

同氏の大統領就任とともに新政権が発足したが、早々に閣僚から失言が出て、ブラジルで物議を醸している。


続きを読む

南米最大の遊郭、ジャルジン・イタチンガ

先日、カンピーナス州立大学に通う日本人のAさんと話していた時のこと。

彼が仲良くなったウーバーの運転手が、カンピーナス空港へ向かうついでに親切にもサンパウロでは有名な遊郭「イタチンガ」に連れて行ってくれたという話をしてくれました。

Aさん曰く、この花街ではどんな顧客の嗜好にも応えるだけの体制が整っており、分かりやすい例としては、ゲイやトランスジェンダーの顧客のニーズにも応えることができるのだとか。


続きを読む

日伯投資家対談 カルロス・ペッソア・フィリョ(インベスト・テック)×中山充(BVC) Part 2

インベスト・テックのマネージングディレクター、カルロス・ペッソア・フィリョ氏と、ブラジル・ベンチャー・キャピタル代表 中山充の対談形式でブラジルのスタートアップ・エコシステムについて互いの意見を交換する日伯投資家対談。

第二章では、起業がブラジルのキャリアパスでどうとらえられているか、また、ブラジルのエンデバーやアクセラレータなどの参画でエコシステムがどう進化してきたかを語ります。


続きを読む