ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

海外赴任者向け日本情報フリーマガジン「ただいま日本」創刊。ブラジルでも配布へ

海外赴任者向け情報誌・WEBサイト「海外赴任ガイド」を発行・運用しているJCMは、海外で暮らす日本人を対象に、多岐にわたる日本の最新情報を伝えるフリーマガジン「ただいま日本」を5月に創刊した。

同誌は今月末ごろより、日本通運のネットワークを通じて世界42カ国・261都市で配布がはじまる。ブラジルでもリオデジャネイロやサンパウロをはじめ、日本通運の拠点がある都市での配布が可能となる見通し。


続きを読む

小中学生中心の雑誌投票でネイマールが年間通して1位を守る

小中学生を中心としたサッカープレーヤーを主要読者としているサッカーのテクニックを紹介、レッスンする専門誌「ストライカーDX」(学研プラス)が毎号掲載している読者投票による人気選手ランキングで、ネイマールが1年を通して1位をキープした。

2位C・ロナウド、3位メッシのトップ3で激しく人気順を争ってきたが、同誌の最新2016年9~10月号(8月12日発売、電子版も同日配信)で1位を獲得したことで、年間を通じて1位の座を守り続けた。


続きを読む

「フィガロジャポン」7月号に「大人のためのブラジル事典」掲載

雑誌「フィガロジャポン」(CCCメディアハウス)7月号が、ブラジルのカルチャーを紹介した特集記事「大人のためのブラジル事典」を掲載している。

特集は全12ページにわたっており、うち4ページがブラジル現地取材記事。サンパウロやリオの有名レストランやカフェ、南部のワイナリーなども紹介されている。


続きを読む

「日本と日本人の面白さを世界中に伝えたい」--。50カ国以上で、地球に”刺さって”国際交流

日本の文化を世界中に広めるべく、地球に”刺さる”というパフォーマンスを披露しながら世界一周の旅を続けている青年がいる。生まれも育ちも原宿という、冒険家のKozeeこと城戸康治さん(32)だ。

8月にスペイン入りしたKozeeさんは、バレンシア州ブニョール伝統のトマト祭り「トマティーナ」に参加。 町中トマトだらけの真っ赤な地面で”刺さる”パフォーマンスを披露した。


続きを読む

ジゼル・ブンチェン、「ヴォーグ」ブラジル版40周年記念号の表紙にヌードで登場

4月28日(火)、サンパウロにて、「ヴォーグ」誌と「シャネル」の主催でジゼルのキャリア20周年を祝うパーティが開催された。「ヴォーグ」ブラジル版(電子版)が伝えた。

コレクションのランナウェイから引退することを表明していたジゼルは、15日に、最後となるランナウェイを歩いた。


続きを読む