• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ロシアW杯2戦目、ブラジルは苦しみながらもドラマチックにコスタリカに勝利 

ネイマール

試合は開始早々、ブラジルはそこそこ攻撃を仕掛けていたが、コスタリカの守備を崩しあぐねていた。

コスタリカは、5-4-1の超守備型ファーメーションできれいに並んでいる。

ブラジルは、このきれいな並びをなかなか攻略できず、苦し紛れに遠目からのシュートを繰り返すにとどまっていた。

前半は0-0で折り返した。

後半開始から、ブラジルは、右WGのウィリアン(チェルシー)に代えて、ドウグラス・コスタ(ユベントス)を投入した。

後半も、開始早々からブラジルは怒涛の攻めを見せたが、数多く放つシュートはことごとくGKナバスに抑えられる。さすが、世界一のクラブチームの守護神だ。

前半よりは明らかによい攻撃ができているが、ゴールだけはこじ開けることができず、時間だけが刻々と過ぎていった。

ネイマール(パリSG)も時折りシュートを放つが、この日はまったく決めることができなかった。ボールキープができない場面もあったりし、前試合同様、体のキレは感じられなかった。

そんな中、後半33分、PA(ペナルティエリア)内でネイマールが倒され、ブラジルにPKが与えられた。いや正確にいうと、PKが与えられかけたのだ。

(次ページへつづく)

(文/コウトク、写真/Lucas Figueiredo/CBF)

■関連記事
ブラジルのランジェリーブランドHOPEがサイト販売を開始
ブラジルの国民的炭酸飲料「ガラナアンタルチカ」はどうやって作られているの?
まもなくW杯ロシア大会開幕! ブラジル代表は4年前の雪辱を果たせるか?
ゴールイン間近!? ネイマールとブルーナ・マルケジーニがアツアツぶりを披露
ブラジル代表のユニフォームが白から黄色になった理由

1 2 3 4 5
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

コウトク  2005年6月~2012年6月まで仕事の関係で、ブラジルに在住。ブラジル在住当時は、サッカー観戦に興じる。サントス戦については、生観戦、TV観戦問わずほぼ全試合を見ていた。2007年5月のサンパウロ選手権と2010年8月のブラジル杯のサントス優勝の瞬間をスタジアムで体感。また、2011年6月のリベルタドーレス杯制覇時は、スタジアム近くのBarで、大勢のサンチスタと共にTV観戦し、優勝の喜びを味わった。現在、スポーツナビのブログ「ブラジルサッカーレポート」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kohtoku/)を執筆中。