ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

「nakata.net Cafe2014@サンパウロ」詳細発表される

中田カフェサンパウロ

参加するのは、南部美人(岩手)、伯楽星(宮城)、上喜元(山形)、八海山(新潟)、来福(茨木)、御湖鶴(長野)、天狗舞(石川)、作(三重)、紀土(和歌山)、三井の寿(福岡)、兼八(大分)、ちんぐ(長崎)、小牧(鹿児島)、山ねこ(宮崎)。

食文化では、ミシュランで7年連続星を獲得した西麻布「La BOMBANCE(ラ・ボンバンス)」の岡本信(おかもと・まこと)シェフ考案の日本食を提供。料理は、プレート料理3種と丼ものの2種類がメイン。

和菓子は、京都の老舗和菓子店「末冨(すえとみ)」の主人・山口祥二(やまぐち・しょうじ)氏が監修。中田氏自身も魅了されたという和菓子「京ふうせん」は“Hide”の刻印入りで提供される。

今回提供される料理や和菓子には、すべて岐阜県土岐市の“美濃焼”の器が使われる。

また、レセプションでは駐日ブラジル大使館がワールドカップ期間中にオープンさせるサッカーパビリオンの発表も行われた。

中田英寿氏はブラジルから帰国した際にはぜひパビリオンに立ちよりたいと語った。

「今大会ではブラジルが優勝することを望んでいます。日本も、もちろん優勝してくれれば嬉しいけれど、いいところまでいくことを望んでいます」(中田英寿氏)

(写真・文/麻生雅人)

■関連記事
W杯期間中、駐日ブラジル大使館がサッカーパビリオンをオープン。ブラジル戦試合当日は、ブラジル式朝食もサービス
「nakata.net Cafe」が入る「オッターヴィオ・カフェ」はサンパウロのお洒落カフェ
銀座三越で6月4日(木)からブラジルフェア「アブラッソス・ド・ブラジル! ~ブラジルの抱擁~」スタート
ブラジル発の超軽量スニーカーMAZ、東急百貨店 たまプラーザ店にポップアップストア。6月4日(水)まで!
アマゾンの先住民族文化が根付づく
ブラジル産クラフトビール「シングー」、日本上陸

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加