ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

「どうしたブラジル!  チリ、素晴らしい戦い、おめでとう!」

ジュリオセーザル

前試合、1次リーグ最終戦の対ガーナ戦でも、ブラジルはかなり厳しい時間帯があったが、ネイマールの個人技でゴールを奪い、流れを引き寄せることができた。

しかし、この日のネイマールは前半に受けたファウルが効いているのか、精彩を欠いていた。なかなか個人技で打開できる感じがしない。他の選手もうまく動けないでいた。唯一動けていたのはフッキだ。フッキは本当に元気だった。相当に縦へ突破したりしていた。しかしゴールだけは奪えない。

後半の終盤に入り、チリに疲れがみえはじめたせいか、少しずつブラジルにチャンスが作れるようになってきた。これはいけるかもしれない、と思ったが、ゴールは遠かった。

90分間で決着がつかず、延長戦へ。延長戦では、ブラジルのほうが押していた感じだったが、結局ゴールは奪えず、PK戦へ突入した。

この試合中、ブラジルはここまでか、と何度となく思ったりもしたが、PK戦に入ることになり、いよいよブラジルの敗退も覚悟した。

しかし、ブラジルがこんなに早く終わってしまったら、残念でならないと思った。

PK戦になったら、運に左右される部分も多いので、もう仕方がない。120分間で勝負をつけられなかったのが悪いと思うしかない。

さて、PK戦はブラジルの先攻で始まった。ブラジルが先攻になりよかったな、と思った。最初はダヴィド・ルイスだった。きちんと決めてくれた。これは大きかった。私も手を叩いて喜んだ。

そして、相手の最初のキッカーに対しGKジュリオ・セーザーが止めてくれた。これには、大声を出してしまった。

その後、2番目のウィリアンは外してしまったが、またもジュリオ・セーザーが止めてくれた。

3番目のマルセロは相手GKの手を弾きながらゴールを決め、チリも決め、この時点で2-1。

4番目のフッキは、GKに止められ、チリには決められ、2-2になってしまった。

そして5番目、通常通りネイマールが出てきた。ネイマールは延長戦終了間際に足がつっていたので蹴らないかとも思ったが、出てきたのだ(次ページへつづく)。

(文/コウトク、写真/Marcello Casal Jr/Agência Brasil)
PK戦でブラジルを救ったジュリオ・セーザー

1 2 3 4
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

コウトク  2005年6月~2012年6月まで仕事の関係で、ブラジルに在住。ブラジル在住当時は、サッカー観戦に興じる。サントス戦については、生観戦、TV観戦問わずほぼ全試合を見ていた。2007年5月のサンパウロ選手権と2010年8月のブラジル杯のサントス優勝の瞬間をスタジアムで体感。また、2011年6月のリベルタドーレス杯制覇時は、スタジアム近くのBarで、大勢のサンチスタと共にTV観戦し、優勝の喜びを味わった。現在、スポーツナビのブログ「ブラジルサッカーレポート」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kohtoku/)を執筆中。