ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ワールドカップ終了後、リオ市に留まる外国人は6万9300人増加

イパネマビーチ リオ

ドイツ人のリッテル・ミランさん(24、男性)にとっては、あるブラジル人女性と出会ったことが、全ての始まりだったという。

ワールドカップが開幕した土曜日のリオの夜、ドンちゃん騒ぎのアルコス・ダ・ラパ(水道橋)の下のカイピリーニャブースで、彼らは出会った。

「ミランはおとぎ話のプリンスのようだったわ」と、現在リッテルさんのガールフレンドでリオ在住のカミラ・バホスさん(27)はうっとりと語る。

「彼女は僕の人生を変えたよ」とミランさんもメロメロのようす。

ミュンヘン生まれのミランさんは、熱心なバイエルンサポーターだ。6年間交際する恋人とともに、ブラジルに到着する前の数ヶ月間、世界を放浪するも、愛は低迷していたという。ミランさんにとってこの旅行は、眠っている感情を目覚めさせるための試みだったと彼は語る。

しかしリオに到着したとき、恋人はミランさんとの交際に終止符を打ち、ミュンヘンに戻ってしまった。

不動産業者として働き、旅行のために休暇を取っていたミランさんは、このまま一人でリオに滞在し続けることにしたという。

「リオでシングルライフを送るなんて、考えただけで悲しかったけれど、1週間後にカミラと出会ったんだ。本当にクレイジーな出来事だったよ」と彼は言う。

2週間のつもりだった彼の旅行は、既に4ヶ月に延びている。現在は、ラルゴ・ド・マシャードにあるカミラさんのアパートに一緒に住んでいるという。彼女の家族も、彼のことを息子のように可愛がっているのだとか。

彼は日々、フラメンゴ広場でバスケットボールをしたり、ビーチにあるトレーニングマシーンで鍛えたり、大好きなビナグレッチソースを堪能したり、なんとも羨ましい生活を送っている。

(次ページへつづく)

(文/柳田あや、写真/Alexandre Macieira/Riotur)
写真はリオデジャネイロ、イパネマ海岸。散歩する人、ランニングする人などが行きかう

■関連記事
西アフリカのエボラ流行、チョコレート価格に影響か/
ブラジル、エボラの疑いのある患者は陰性でも、引き続き対策の徹底を確認
ブラジル、パラナ州でまたエボラ疑惑患者。病院が一時閉鎖されるも胆石と判明
ブラジル、2014~2015年のサマータイムは10月19日から2015年2月22日まで
サンパウロにブラジル初の讃岐うどん専門店がオープン

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加