ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ピラニアに出会ったら”食べられる”ではなく、”食べる”が正解!?  ワイルドな自然豊かなアマゾナス州

まずはアマゾン川ツアー編。川沿いには、水上家屋が見られます。

水上家屋

ご存知、ピアニア。食用です。お味のほどは…。

食用ピラニア

ツアーについて来た愛くるしいこざる。

アマゾンのおさる

エンコントロ・ダス・アグアスと呼ばれる二河川合流点にも参りました。アマゾン川の本流(ソリモンイス川)と支流のネグロ川が合流する辺りでは、水質や水温によって色が異なって見えるふたつの川が、約7km、交わることなく並行して流れています。

エンコントロ・ダス・アグアス

続いては、市内の博物館、公園編です(次ページへつづく)。

(写真・文/加藤塁)

■関連記事
ブラジルでコンドミニオ内の住人向けビジネスが成長中
ペットショップやフェイラなど動物の展示販売で、環境や心身状態のケア、義務付けられる
エスコーラ・ジ・サンバ、献血キャンペーンに協力
2012年、ブラジルの殺人事件被害者の77%は黒人
ブラジルではSNSにおける「自撮り棒」の話題は約半数がパロディ!?

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

加藤塁 Rui Kato 仕事の都合で2011年~2013年までの二年間、ペルナンブッコ州およびサンパウロ州で過ごす。他の南米諸国に目もくれず、ひたすらブラジル各州の国内旅行に明け暮れ、2年間で26州+1連邦直轄区全てを旅する。気候・人種・歴史・産業・方言・食文化等が少しずつ違いつつも同じ根を持つブラジルの魅力の虜として、次回駐在時にもより奥地への旅を目論む。