ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンパウロ市の路上カルナヴァウ2015、行進スケジュール

<2月7日(土)>

バンダ・サガーノス

「バンガラフメンガ・イ・サルジェント・ピメンタ Bangalafumenga e Sargento Pimenta」
もともとはリオデジャネイロの伝統的な路上カルナヴァウのブロコ。2011年からサンパウロで行進している。バンガラフメンガは革新的なマルシーニャを、サルジェント・ピメンタはビートルズ・ナンバーを演奏する。場所/地下鉄スマレー駅~パウロ6世大通りとエンヒッキ・シャウマン大通りの間、時間/10時ごろ集合、バンガラフメンガが11時、サルジェント・ピメンタが15時から行進。

「ラヴブロッキ Loveblock」
愛をテーマにした新登場のブロコ。ロック、ポップス、インディーロックをカルナヴァウ音楽ヴァージョンで演奏。場所/イタイン地区、コジュバー通り~ロペス・ネト通り、時間/14時~18時。

「ブロコ・ダ・ヘサッカ Bloco da Ressaca」
2014年に30周年を迎えたクンブシ地区の伝統的なブロコ。約5000人が行進に参加する。場所/ラルゴ・ド・クンブシ、時間/14時。

「バハカォン・ダ・フォリア Barracão da Folia」
パウメイラス・フッチボウ・クルビのサポーターによるブロコ。場所/ポンペイア地区、ジアナ通り~ヴェナンシオ・アイリス通り、トゥリアスー、時間/11時。

「シガ-ノス Ciga-nos」
ジプシー文化にオマージュを捧げたブロコ。トルコのマーチやジプシー音楽を演奏。場所/旧市街区(セントロ)、ジョアン・ギマランイス・ホーザ通り、ホージヴェウチ広場、時間/16時。

「ヌーインテレッサ Nu’Interessa」
ヴィラマダレーナ地区の伝統的なブロコのひとつ。有名なマルシーニャを演奏。場所/ヴィラマダレーナ地区、フィリント・ジ・アウメイダ通り50番、バール・オ・パスキン、時間/13時~、入場料/VIPエリアのみ入場料100ヘアイス、他は無料。

「ブロコ・ソヴィエチコ Bloco Soviético」
左翼の祝賀ブロコ。パウリスタ大通りへの登場は3度目。場所/アドッキロボ通り、74番。時間/16時。

~フォーリア・ナ・ルース Pholia na Luz~
ルース駅とルース公園

14時30分 「ブロコ・エスケンタ・ド・パルチード・アウド Bloco Esquenta do Partido Alto」
15時15分「ブロコ・エストレーラ・ダ・コローア Bloco Estrela da Coroa」
16時15分 「ブロコ・ド・ベエエシセー Bloco do BSC」
17時15分 「ブロコ・ア・ブルーシャ・タ・ソウタ Bloco A Bruxa Tá Solta」
18時15分 「ブロコ・インペリオ・ド・モーホ Bloco Império do Morro」
19時15分 「エスコーラ・ジ・サンバ・キロンボ Escola de Samba Quilombo」
(~20h15)

「コロンボロ・ジア・ピラチニンガ Kolombolo Diá Piratininga」
ヴィラマダレーナ地区の伝統的なコルダォン。サンパウロのサンバを今に伝える。
ヴィラマダレーナ地区ベルミーロ・ブラガ通り~イナーシオ・ペレイラ・ダ・ホッシャ通り~モウラート・コエーリョ通り~アスピクエウタ通り~アルモニア通り~ルイス・ムラッチ通りの交差点
15時~

「フェスチヴァウ・CCBB(ブラジル銀行文化センター)・ジ・カルナヴァウ
Festival CCBB de Carnaval」
サンパウロ郊外サンルイス・ド・パライチンガのカルナヴァウが今年、市内に登場。カラフルなサラサでできた衣装や人形と共に行進してマルシーニャを演奏する。場所/旧市街区(セントロ)アウヴァリス・ペンテアード通り112番、ブラジル銀行文化センター。

12時「ブロコ・マリコッタ・コン・ガウヴァォン・フラジ、バンダ・クアドジーニョ Bloco Maricota com Galvão Frade e a banda Quadozinho」
14時「バンダ・コンフレッチ・コン・スザーナ・サリス・イ・パウロ・パジーリャ。スペシャルゲスト、ヴァンデルレイア、タール・フェヘイラ、ガウヴァォン・フラジ Banda Confrete com Suzana Salles e Paulo Padilha. Participação especial: Wanderleia, Thar Ferreira e Galvão Frade」

次ページへつづく。

(文/麻生雅人、写真/Reprodução/Facebook/Ciga-Nos)

■関連記事
今週末、リオデジャネイロでプレ・カーニバル開催
日系人モデルの井上ナターリアゆかりさん、「プレイボーイ」誌グラビアで小泉元首相と共演!?
2015年カーニバルのミューズ、グローベレーザはサンパウロ出身のエリカ・モウラさん
サンパウロ市、2015年は路上のカルナヴァウが白熱!? 登録ブロッコ数、2014年より100団体増
カーニバルに響く、“その後の仁義なき戦い”にも屈しないアフロヘギのソウル

1 2 3 4 5
このエントリーをはてなブックマークに追加