ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

事故を起こしやすいブラジル人の3タイプとは

ブラジル 運転事情

2:モタモタさん

オラオラ君の対極にあるともいえるタイプの運転手が「モタモタさん」です。モタモタさんは、制限速度50km/hの道を何故か30km/hくらいでモタモタ走る運転手で、これはこれで危ないです。

モタモタさんに共通している特徴は、速度が遅いだけでなく、なぜかウィンカーの使い方を知らないということです。

モタモタ運転で後続車をイライラさせておきながら、ウィンカーを出さずに突然脇に停車することがあります。また、右折、左折の際もウィンカーを出しません。そのわりに、左にしか曲がれないような交差点では、しっかり左にウィンカーを出したりするのです。

モタモタさんによる予測不能な動きは、後続車のドライバーに心的ストレスを与え、事故を誘発します(次ページへつづく)。

(文・イラスト/唐木真吾)

■関連記事
ブラジルの「しり」は泳ぐし、ウマい
ブラジルのスーパーフードも紹介。「おいしいブラジル」刊行
ファッションの絵本「ファッションぬり絵」日本語版発売
アサイーやピタヤなど、スーパーフードの炭酸飲料が登場
“本の巣箱”、リオの貧困コミュニティへ広がる

1 2 3 4
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

1982年長野県生まれ。東京在住。2005年に早稲田大学商学部を卒業後、監査法人に就職。2012年に食品会社に転職し、ブラジルに5年8カ月間駐在。2018年2月に日本へ帰国。ブログ「ブラジル余話(http://tabatashingo.com/top/)」では、日本人の少ないブラジル北東部のさらに内陸部(ペルナンブーコ州ペトロリーナ)から見たブラジルを紹介している。