ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

コパアメリカ2016 ブラジル、残念すぎるグループリーグ敗退!

コパアメリカ2016 ブラジル 敗退

そんな中、一瞬の隙を衝かれ、ペルーにゴールが生まれた。後半30分のことである。これが、疑惑の「神の手」とも呼ばれているものだ。

ブラジル選手の猛抗議により、試合は2~3分ほど中断し、審判団も無線などを使い協議しているようだった。長い協議の末、一旦取り消されたゴールは認められることとなった。

その協議が済んだ直後にビデオテープが流されたが、明らかなハンドだった。審判団はいったい何を協議していたのかと言いたいところだ。私のような、単なるファンならまだいいが、選手や監督、チーム関係者にとってこの判定はたまらないだろう。

その後、約15分間、ブラジルは必死に攻めたが、ゴールは遠かった。

アディショナルタイムは6分あったが、ゴールは奪えず、0-1でタイムアップ。ブラジルのグループリーグ敗退が決まった。

この結果は、本当に残念に思う。

いろいろな見方があると思うが、私は、この日のブラジルは悪くなかったと思う。

この試合を見ていた人だけには理解してもらえると思うが、ブラジル国民も含めて、この試合を見ていない人のほうが圧倒的に大多数だ。ブラジルのグループリーグ敗退というニュースだけが一人歩きし、大ブーイングの中、大変な思いをして、ドゥンガが中心となってここまで築き上げてきたブラジルサッカーの復興に対し、水を差されることは容易に想像できる。

2006~2010年のときもそうだったが、ドゥンガのサッカーはブラジル人にとって、本当に人気がない。私も当時はそう思っていた。しかし、2014年のW杯での惨敗を受けてドゥンガに監督が決まったとき、私は悪くないと思った。

というのも、ドゥンガのサッカーは、伝統的なブラジルサッカーとはまったく違うからだ。ある程度のブラジルらしさは残す必要はあるとは思うが、惨敗を受けたセレソンには伝統的なブラジルからの脱却がもっとも必要だと思われたからだ。

今年の3月にブラジルで感じたことだが、ブラジル人のほとんどが、今のセレソンにはまったく期待していない、関心がない、と言っていたのが印象深い。

この状況は異常だと思う。

私の知っているブラジル人たちは、皆サッカーに熱狂していた。ブラジルセレソンの試合は、どこのバールでも黄色いカナリア色のシャツを着てビールを飲みながら応援する人たちであふれていた。

このコパアメリカのグループリーグ敗退という結果を受け、ロシアW杯の予選の状況も芳しくないので、ドゥンガの去就問題にも話は発展するだろう。

しかし、私は、指揮官を変えることが得策だとは思わない。

ブラジルセレソンは、史上もっとも困難な時期を迎えているのかもしれない。なんとか、この状況を打破してほしいと思う。

そして、8月には地元リオデジャネイロでオリンピックが開催する。

メンバーはフル代表ではなくU23なので、ちょっと違うかもしれないが、ネイマールも召集するようだ。何とかよい結果を残し、少しでも、ブラジルサッカーを世界中に誇示してほしいと思う。

(文/コウトク、写真/Rafael Ribeiro/CBF)
写真は6月10日、ハーバードでトレーニングを行ったブラジル代表

■関連記事
コパアメリカ2016、注目の”ガビゴウ”もゴールでブラジル快勝
ブラジル造幣局、2016オリパラ記念メダルを発行
まるで高級ホテル! エンブラエル社、超富裕層向けジェット機発売
ラタン航空、オリパラ期間の対応計画を発表
「世界ふしぎ発見!」で”白と青の奇跡の砂丘”レンソイスを紹介

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

コウトク  2005年6月~2012年6月まで仕事の関係で、ブラジルに在住。ブラジル在住当時は、サッカー観戦に興じる。サントス戦については、生観戦、TV観戦問わずほぼ全試合を見ていた。2007年5月のサンパウロ選手権と2010年8月のブラジル杯のサントス優勝の瞬間をスタジアムで体感。また、2011年6月のリベルタドーレス杯制覇時は、スタジアム近くのBarで、大勢のサンチスタと共にTV観戦し、優勝の喜びを味わった。現在、スポーツナビのブログ「ブラジルサッカーレポート」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kohtoku/)を執筆中。