ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの国民酒「カシャッサ」とは何か<2>「カシャッサ」と「ラム」は別物!?

カシャッサ ラム 違い

2009年6月4日付政令第6871号では、第54条でラム酒について定義している。

<ラム(ブラジルでの発音はフン)は気温20度の状態でアルコール度数が35%~54%の飲料。糖蜜(メラッソの状態)の単式蒸留、または、サトウキビの絞り汁を蒸留したものと糖蜜(メラッソの状態)を蒸留したものをミックスしたものから得られる。その全部または一部をカルヴァーリョかそれと同等の木の容器で熟成させたもの。独特の官能的性質を保っているもの。>。

さらに同法では、砂糖の添加可能量やさらに細かい分類についても記されているが、ここでは割愛する。

少なくともブラジル国内では、「カシャッサ」と「ラム」は別の飲料として定義されているわけだが、国際的な位置づけにおいても、やはり「カシャッサ」と「ラム」は別の飲料と言わざるを得ない。

どちらも原材料のおおもとはサトウキビだが、「カシャッサ」が「サトウキビ(カーナ・ヂ・アスーカル)の絞り汁を発酵させた醸造アルコール」を蒸留して造られているのに対し、「ラム」の多くは、サトウキビから砂糖を精製する際に生まれる副産物の糖蜜(モラセス、ブラジルではメラッソ)を蒸留して造られているからだ。

糖蜜から造られた飲料は、ブラジルでは「アグアルデンチ・ジ・メラッソ」と分類されることは前述したとおり。糖蜜から作った時点で、その飲料は「カシャッサ」ではなくなる。

しかし、「ラム」の中でもある種のものは、糖蜜ではなくサトウキビの絞り汁から造られているものがある…。これは「カシャッサ」といえるのだろうか?

ブラジルの国民酒「カシャッサ」とは何か<3>へつづく。

(文/麻生雅人、写真/Divulgação)
写真はバカルディ・ブラジルが、ブラジルで発売しているラム。フレイバーは左からレモン、リンゴ、パイナップル

■関連記事
熟成カシャッサの飲み比べとカイピリーニャ作りのワークショップ
ブラジルのワインの名産地ガリバウジ産ワインが日本に上陸
シャンドン・ブラジルのワインが日本上陸
世界で最も飲まれている蒸留酒は「JINRO」。カシャッサは…
知られざる熟成カシャッサの魅力も紹介。ブラジルの食文化を知る本

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加