ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ロシアW杯 ブラジル初戦はドロー。スイスと勝ち点1ずつを分ける

ネイマール ロシア

そして後半早々の5分、スイスがCKからのヘッドできれいにゴールを決めて同点となった。

その後も時間は十分あったが、ブラジルは結局最後までゴールを奪うことができず、初戦は1-1のドローという結果に終わった。

この試合で一番感じたことはネイマールに体のキレが感じられなかったことだ。

ネイマールは相当にファウルをもらっていたが、それはいつものこと。そんな中でも、大舞台になればなるほど試合を決める大仕事を成し遂げるのだが、この試合では、残念ながら見られなかった。

今大会、前大会優勝のドイツが初戦で敗れたり、アルゼンチンが格下アイスランドと引き分けるなど、波乱含みの戦いが多い。

ブラジルは負けたわけではないし、引き分けで勝ち点1を取っているのでそれほど焦る必要はないのだが、大会前に行われていた親善試合が好調だっただけに、ショックを引きずらなければよいと思う。

チチ監督 ブラジル

ただ一つ思うことは、ブラジル監督のチチが前大会の日本の監督ザッケローニのようにならなければよい、ということだ。

前大会、4年前のブラジル大会では、日本代表はかなり期待されてW杯に臨んだものの、まったくよいところなくグループリーグで敗退した。それには、ザッケローニの国際経験のなさも大いに関係していると思う。

チチは素晴らしい監督だ。しかし、監督歴は、ほとんどがブラジル国内のクラブチームのみだ。中東のクラブを2チームだけ短期間指揮しているが、海外での経験はそれだけで、ナショナルチームの指揮を執るのも今回が始めて。国際大会もこのロシアW杯が初めてになる。

1ヶ月という限られた期間で一つの大会を戦うということは、その大会に向かうまでの過程、選手起用、コンディショニング等さまざまな要素を整えていかなければならない。

そういった不安面はあるが、それほど気にせず、グループリーグあと2戦は普通に戦えばよいと思う。

概してブラジルはスロースターターなので、私はそれほど気にしていない。初戦は少し残念な結果ではあったが、悲観的になる必要はないと思う。

あとは、少し気になるのはドイツの状況だ。

というのも、決勝トーナメントに進むと、初戦の組み合わせはE組とF組の対戦となる。それぞれの1位と2位が対戦するので、当初の大方の予想では、E組1位がブラジル、F組1位がドイツというものなので、ブラジルとドイツは決勝まで当たらない組み合わせになる。

しかし、仮にブラジルが1位通過でドイツが2位通過となった場合、いきなり決勝トーナメントの初戦でこの2チームが戦うことになるのだ。

それはそれでおもしろいのかもしれないが、優勝候補同士のつぶしあいがいきなり行われるのはできれば避けてほしい。

ブラジルの次の試合は、22日(金)15時(日本時間21時)にサンクトペテルブルクでコスタリカと対戦する。テレビ朝日系で生放送される予定である。

(文/コウトク、写真/Lucas Figueiredo/CBF)

■関連記事
6月23日(土)、青山でブラジル雑貨市を開催
2018年のサッカー・ブラジル代表はここが違う!? めざせベストドレッサー!?
まもなくW杯ロシア大会開幕! ブラジル代表は4年前の雪辱を果たせるか?
ゴールイン間近!? ネイマールとブルーナ・マルケジーニがアツアツぶりを披露
ブラジル代表のユニフォームが白から黄色になった理由

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

コウトク  2005年6月~2012年6月まで仕事の関係で、ブラジルに在住。ブラジル在住当時は、サッカー観戦に興じる。サントス戦については、生観戦、TV観戦問わずほぼ全試合を見ていた。2007年5月のサンパウロ選手権と2010年8月のブラジル杯のサントス優勝の瞬間をスタジアムで体感。また、2011年6月のリベルタドーレス杯制覇時は、スタジアム近くのBarで、大勢のサンチスタと共にTV観戦し、優勝の喜びを味わった。現在、スポーツナビのブログ「ブラジルサッカーレポート」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kohtoku/)を執筆中。