ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

リー・リトナー、デイブ・グルーシンの「ハーレクイン」リユニオン・バンド来日公演にイヴァン・リンスが参加

チケットは発売中(写真提供/ぴあ)

ロンドンを中心に毎年夏(主に7月~9月ごろ)に行われる、120年の歴史を誇る世界最大級のクラシック・ミュージック・フェスティバル「BBC プロムス」が、今秋、日本で初めて開催される。

「BBC プロムス」は、ロンドンのロイヤル・アルバートホールを中心に、8週間にわたって100以上のイベントが行われるプロムナード・コンサート・イベント。

「大和証券グループpresents BBC Proms JAPAN 2019」と題され日本で初の開催となる今回は、10月30日(水)~11月4日(月・振休)の6日間の間に、東京と大阪の複数の会場で、全6公演が行われる。

6公演のうち5つの公演は、トーマス・ダウスゴーの指揮によるBBCスコティッシュ交響楽団の管弦楽の演奏で、会場によって一部の音楽家や曲目が変わる。

3夜目となる11月1日(金)は、 「Prom3(プロム3)”JAZZ from America(ジャズ・フロム・アメリカ)“ 」と題して、一夜限りのジャズ公演が開催される。

”JAZZ from America(ジャズ・フロム・アメリカ)“ に出演するのは、1986年のグラミー賞で部門にノミネートされ、ベストアレンジ賞を受賞したデイブ・グルーシンとリー・リトナーの双頭名義作「ハーレクイーン」(1985)の一夜限りのリユニオン・バンドと、ニューヨークを拠点に活動する日本人ジャズ作曲家の挾間美帆が率いるバンド“m_unit”の2組。

「ハーレクイーン」のリユニオン・グループには、同アルバムで「アンチス・キ・セージャ・タルヂ(今を生きよう)」(「ア・ノイチ(ある夜)」(79)収録)と、「アルレキン・デスコニェッシード(名もなき道化役者)」(「ノーヴォ・テンポ」(80)収録)がカヴァーされ、本人も参加しているイヴァン・リンスも、リユニオン・バンドのメンバーとして来日する。

また、ステージでは2組のバンドの共演も予定されているという。

3夜目の公演名: 「Lee Ritener & Dave Grusin Dream Band featuring Ivan Lins
― BBC Proms JAPAN Prom3(プロム3)”JAZZ from America(ジャズ・フロム・アメリカ)“― 」
公演日 2019年11月1日(金) 18:00開場 18:30開演
会場: Bunkamuraオーチャードホール(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)
料金:S席9,000円 A席7,000円 B席5,000円 Daiwaシート1,000円
S席ペア16,000円 A席ペア12,000円 B席ペア8,000円
※Daiwaシートの購入方法は9月上旬に公式ウェブサイト(https://www.bbcproms.jp)にて発表される。

出演:
<前半18:30~(予定)>挾間美帆 “m_unit”
挾間美帆(ジャズ/作・編曲、指揮)、
土井徳浩(アルトサクソフォン)、庵原良司(テナーサクソフォン)、
竹村直哉(バリトンサクソフォン)、ジョナサン・パウエル(トランペット)、
林育宏(フレンチホルン)、金子飛鳥(ヴァイオリン)、 沖増菜摘(ヴァイオリン)、
吉田篤貴(ヴィオラ)、島津由美(チェロ)、香取良彦(ヴィブラフォン)、
佐藤浩一(ピアノ)、井上陽介(ベース)、ジェアード・ショニグ(ドラムス)

<後半19:50~(予定)>Lee Ritener & Dave Grusin Dream Band featuring Ivan Lins
リー・リトナー(ジャズ/ギター)、
デイヴ・グルーシン(ジャズ/作・編曲、ピアノ)、
イヴァン・リンス(ヴォーカル)、
エイブラハム・ラボリエル(ベース)、ウェス・リトナー(ドラムス)
+特別ゲスト(後日発表)

チケットは、チケットぴあ(Pコード:143-768) 0570-02-9999 
http://w.pia.jp/t/bbcpromsjp/などで発売中。

(文/麻生雅人)

■関連記事
金沢21世紀美術館で、ブラジルの豊かな自然が育む食文化やカシャッサに関するトークショーを開催
ブラジルフェスティバル2019は7月20日(土)、21日(日)に開催。テーマは「Rio to Tokyo」
6月29日(土)、表参道でフェスタジュニーナ開催。 クァドリーリャやマルシェも
お騒がせネイマール、コパブラジルは欠場へ
エミレーツがラタン航空とコードシェア。ブラジル国内17都市への渡航が便利に

このエントリーをはてなブックマークに追加