ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

「すぐに歌えるボサノヴァ(新版)」発刊に向けてクラウドファンディングで支援を募集

(画像提供/Sachiko Yoshino)

ボサノヴァの名曲の数々に、読み仮名(カタカナ)と訳詞と、ブラジル人シンガー、ヴィウマ・ジ・オリヴェイラさんの朗読音源が添えられたテキスト 「ポルトガル語カタカナ付き歌詞集 すぐに歌えるボサノヴァ」 の新装版の刊行が、今秋10月に予定されている。

これに伴い、刊行のための支援金がクラウドファンディングで募られている。

「ポルトガル語カタカナ付き歌詞集 すぐに歌えるボサノヴァ」の初版が刊行されたのは 12年前とのこと。2巻が出版されて現在、完売になっているという。

今回出版が予定されている新装版では、1巻と2巻の中から選りすぐった約30曲と、新たに追加される10曲の、合計40曲が収録されるという。

「この本は、私が初めてボサノヴァを歌ってみたいと思った時に『こんな本があったら良かったな』を形にした本です」とは、著者のひとりであるボサノヴァのギター奏者、歌手の吉野幸子さん。

吉野さんがボサノヴァを歌いたいと思い始めたころ、ポルトガル語の歌詞に読み仮名がついている本は何冊か出版されていたが、どの本もCDから聴こえてくる発音とは違和感があったという。

そんな経験から「できるだけ本国のポルトガル語に近い読み仮名の付いた歌詞と、単語の隅々まできちんと聴き取れる朗読音源が付いた本」を作りたいと想い、「 すぐに歌えるボサノヴァ」 が誕生した。

吉野さんが発音の朗読とカナの監修を依頼したのは、20年以上日本に滞在して、歌手として活動するだけでなく歌唱やポルトガル語の指導にも尽力したサンパウロ出身の歌手ヴィウマ・ジ・オリヴェイラさん 。今回の新装版も、ヴィウマさんと吉野さんの共著となる。

支援のリターンには、 「ポルトガル語カタカナ付き歌詞集 すぐに歌えるボサノヴァ 新装版」に、同書に未収録の読み仮名つき歌詞と朗読音源を加えたセットが用意されている。

また、すでに1巻と2巻を持っているひとのために、新装版未収録の読み仮名つき歌詞と朗読の音源が購入できるリターンのオプションも用意されている。

支援の募集ページはhttps://camp-fire.jp/projects/view/175934。

(文/麻生雅人)

■関連記事
今年も開催、ブラジル・フェスティバル「C1グランプリ(カシャッサ・カクテル・グランプリ)2019」
ブラジルフェスティバル2019の来日ゲストはヘナート・ブラス、アンドレア・アモリン、3団体のハイーニャ・ヂ・バテリア
海外移住資料館で「コーヒーが結んだ日系人と日本」展を開催
82歳の鬼才トン・ゼー、奇跡の初来日!
ヘナート・ブラスの来日ツアー、いよいよ7月からスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加