ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

マラカトゥ・ナサォンのメストリ・シャコンが来日。8月2日からワークショップを開催

メストリ・シャコン(写真提供/ BAQUEBA TOKYO )

「ノルデスチ」と呼ばれるブラジルの心の故郷とも言える地方に、ペルナンブーコ州は位置します。同州を中心にカーニバル期間に繰り広げられる打楽器と歌、踊りを伴うパレード・伝統芸能が「マラカトゥ・ナサォン」です。

奴隷としてアフリカから連れてこられた人たちと先住民の子孫たちが、ヨーロッパを始め様々な文化の影響を受けながら成立させた「マラカトゥ・ナサォン」は、力強く、豊かな打楽器のアンサンブルと信仰、美意識が溢れ出すアフロ・ブラジル・カルチャーを代表するすばらしい文化であり、近年は世界中の音楽ファンから高い注目を集めています。

(写真提供/ BAQUEBA TOKYO )

現地最大にして州のコンペティションの優勝常連団体の一つ「ナサォン・ポルト・ヒコ」のメストリ(師匠)であり、宗教的指導者Chacon Viana(シャコン・ヴィアナ)氏を日本に招聘します。

去年に引き続き、アジア初となるこの試みは本邦最古にして、最大のワールドミュージックフェス、富山県南砺市のSUKIYAKI MEETS THE WORLD及び、SUKIYAKI TOKYOの正式なプログラムの一環として実現し、日本はもとより、アジア各地の打楽器奏者や音楽ファンからも多数の問い合わせが届いています。

非常に貴重なこの機会。南東部の大都市リオデジャネイロで有名なサンバカーニバルの打楽器隊のアンサブルとはまた違う、ブラジルのアフロ文化の、より古層のムードをふんだんに含んだ芸能に、ぜひ一度触れてみて下さい。

皮と木と鉄、そして人の腕と手が産み出す重低音と倍音の渦があなたを待っています!

(写真提供/ BAQUEBA TOKYO )

<講師:Mestre Chacon(メストリ・シャコン)>

ブラジル、ペルナンブーコ州レシフェ市出身。ブラジル北東部の伝統芸能マラカトゥ・ナサォン(マラカトゥ・ジ・バッキ・ヴィラードともいう)の偉大な指導者の一人。

1916創設に創設され、現在ペルナンブーコ州最大のマラカトゥ・ナサォン(共同体)の一つナサォン・ポルト・ヒコのメストリ(師)であり、ババ・オリシャ(宗教的指導者)。

自身のナサォンを率いて近年ではレシーフェ市のカーニバルの目玉、マラカトゥ・コンペティションにおいて2016、2017年と2連覇を達成した。

また、ペルナンブーコ州内のナサォンが一堂に集結し合奏するオープニング・セレモニーにおいては故ナナ・ヴァスコンセロスの後を引継ぎ総指揮も務める。

伝統的なマラカトゥ・ジ・バッキ・ヴィラードのアンサンブルの中にアベ(シェケレ)やアタバキ/チンバウといったよりアフリカ色の強い楽器をいち早く導入し、過去は男性のみとされていた現地打楽器演奏の世界で女性にもその門戸を開放するなど伝統の継承と革新に勤めており、サンパウロ、リオデジャネイロなどの大都市やヨーロッパなど世界各地のグループに赴きその指導の輪を広げている。2018年に続き二度目の来日となる。

(写真提供/BAQUEBA TOKYO)

<プログラム>
※講義は全てポルトガル語ですが、通訳が付きます。
website:http://maruyeyi.wixsite.com/baquedasondas

8月2日(金)メストリ・シャコン アタバキのワークショップ
会場:STUDIO BASS ON TOP 中野サンプラザ
(東京都中野区中野4-1-1 中野サンプラザB1F)
TEL:03-5345-5825
※本スタジオへのWSお問い合わせ、ご予約はできませんのでご注意ください!
時間:20:00-22:30(スタジオ利用時間19:00-23:00)
料金:5500円(2日通し 10000円、3日通し 15000円)
内容:マラカトゥの基礎にあるペルナンブーコのカンドンブレ文化。その核となるアタバキ/イルーのリズムについてのワークショップ。
楽器はご持参いただくのが望ましいです。貸出楽器少数ありますが有料(¥500)です。
定員:30名

8月3日(土)メストリ・シャコン マラカトゥのワークショップ(1日目)
会場:STUDIO BASS ON TOP 中野サンプラザ
時間:19:00-21:30(スタジオ利用時間18:00-22:00)
料金:5500円(2日通し 10000円、3日通し 15000円)
内容:マラカトゥ・バッキ・ルアンダ/パラーダとそれを用いたロア(歌)
楽器のレンタル(無料)20台弱あります。お申し込みの際ご相談ください。ご自身の楽器(アルファイア/スルド、カイシャ/タロール、アベ/シェケレ、ゴンゲなど)をお持ちいただいた方は受講料¥500引きにさせていただきます。
定員:35名

8月4日(日)メストリ・シャコン マラカトゥのワークショップ(2日目)
会場 :STUDIO BASS ON TOP 中野サンプラザ
時間:18:00-20:30(スタジオ利用時間18:00-22:00)
料金:5500円(2日通し 10000円、3日通し 15000円)
内容:マラカトゥ・バッキ・マルテーロとそれを用いたロア(歌)
楽器のレンタル(無料)20台弱あります。お申し込みの際ご相談ください。ご自身の楽器(アルファイア/スルド、カイシャ/タロール、アベ/シェケレ、ゴンゲなど)をお持ちいただいた方は受講料¥500引きにさせていただきます。
定員:35名

8月5日(月)トークショー「ペルナンブーコのカンドンブレ文化について」
会場:西荻窪Aparecida
(東京都杉並区西荻南3-17-5-2F)
TEL:03-3335-5455
時間:20:00-22:00
料金:2000円
定員:30名

予約・問い合わせは電話:090-7636-3776(広瀬)、maracatujapao@gmail.com まで。

(文/廣瀬拓音)

■関連記事
ペルナンブッコ州に伝わる伝統芸能「マラカトゥ」、ブラジルの無形文化遺産に
ブラジルの伝統芸能マラカトゥとサトウキビ栽培の関係
第17回「サンパウロを広く伝える」サンパウロ産伝統文化フェスティバルでマラカトゥのグループが行進
「第3回C1グランプリ」抽選結果発表に
ヘナート・ブラスの来日ツアー、いよいよ7月からスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加