ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

「FOODEX JAPAN 2020」は予定通り開催へ

世界90か国以上が参加するアジア最大級の食品・ 飲料専門展示会 FOODEX JAPAN。写真は2018年の開会式(撮影/麻生雅人)

2月26日追記
一般社団法人日本能率協会は2月26日、開催を撤回して中止を発表しました。


新型コロナウイルスによる新型肺炎の感染拡大を懸念して、国内外の見本市や展示会の中止や延期が相次いでいるが、FOODEX JAPAN 2020 事務局は、3月10日(火)~13日(金)に幕張メッセで開催を予定している「FOODEX JAPAN 2020」を、政府の指針に基づいて予定通り開催することを 2月20日(木) 、公表した。

FOODEX JAPANはアジア最大級の食品・ 飲料専門展示会で、 国内外から集結する多種多様な食品・飲料の取引や、食品加工機械やコールドチェーンといった食品製造・加工・輸送に関わる技術の取引にいたるまで、世界90カ国以上から訪れる多数の有力バイヤーとの商談機会を提供する業界向けの商談会・展示会。

ブラジルも毎年ブラジルパビリオンを出展しており、今年も出展が決定している。

45回目となる 「FOODEX JAPAN 2020」 は約3500社という過去最大の出店規模が告知されていたが、同事務局は、中国からの出展者の 4 分の 3 以上がキャン セルとなっていることを明らかにした。

また、中国から出展する残りの出展者についても、 14日以内の出展者やスタッフの湖北省、浙江省への訪問があった場合は、出展者としての来場を断るとしている。

また同展事務局では、政府の指針に基づき、展示会場(幕張メッセ)と連携して、2月20日現在、以下の対策を講じるとしている。

展示会場(幕張メッセ)では、アルコール消毒液を各展示会場入口共用スペースに設置するほか、注意喚起文のホームページ掲載を行う。

事務局では、全ての各展示ホール入口へに、アルコール消毒液とサーモグラフィーを設置する。

さらに、37.5度以上の発熱及び過去14日以内の中国湖北省・浙江省の滞在歴の有無、感染患者との接触歴の有無を確認して、疑いがある場合は主催者の判断で入場を断わるという。

救護室も設置され、看護師が常駐するほか、来場日の体調、政府指定のウィルス検査対象地域への渡航歴の有無を、来場受付時に問診票にて確認するとしている。

(文/麻生雅人)

■関連記事
国際食品・飲料展示会「FOODEX JAPAN 2020」開催中止を発表
レニー・クラヴィッツ、植民地時代から続くリオの農場で新たな人生
「STOP感染症2020戦略会議」が「新型コロナウイルス感染症対策にかかる緊急提言」を発表
本田圭佑選手のボタフォゴお披露目会、リオで開催
2020年の「リオのカーニバル」いよいよ開幕。市内各地では「路上のカーニバル」盛り上がる

このエントリーをはてなブックマークに追加