ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルで、墓地が市民に外出自粛要請メッセージ。 「家に居て! あなたにはここに来て欲しくありません」

写真は4月2日、ブラジル、バイーア州ジュサーリ市の市営墓地に記された「家に居て! あなたにはここへ来て欲しくありません」のメッセージ( 写真/PMJ via Fotos Publicas )

ブラジル北東部バイーア州の、いくつかの墓地が発信した新型コロナウイルス感染対策のメッセージが話題となってい現地メディア「G1」が伝えている。

南部ジュサーリ市の市役所は3月30日(月)、新型コロナウイルス感染対策の一環である外出自粛要請のメッセージを、市営墓地の壁面にグラフィックアート風に記した。

描かれた壁面文字には「家にいて! 私たちは、あなたにはここへきて欲しくありません」と記されてあった。

また同州サウヴァドール市では、同市で最も犯罪率の少ない地域のひとつであるトリボジー地区への街道入口にある平和の森霊園が街道沿いの看板で、同じメッセージが記された。

ブラジル保健省によると、4月2日(木)までにバイーア州では267名の感染が記録されており、3名の死者が出ている。ジュサーリ市ではまだ感染者は記録されていない。

(文/麻生雅人)

■関連記事
新型コロナウイルス感染拡大予防政策で。リオデジャネイロのサンバカーニバル会場が、路上生活者の仮設住宅に変身
ブラジルの教会で、新型コロナウイルス感染対策で「“ドライブスルー”告解」や「“無教徒”ミサ」行われる
【ブラジル】新型コロナウイルス感染症を軽視するボウソナロ大統領への抗議続く
医師が、新型コロナウイルス感染者の一部に、嗅覚や味覚が失われる事例を報告
マラカナンも想定。ブラジルで、新型コロナウイルス感染症の病床不足対策で競技場や見本市会場を野外病院に

このエントリーをはてなブックマークに追加