ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

新型コロナウイルス感染拡大予防政策で。リオデジャネイロのサンバカーニバル会場が、路上生活者の仮設住宅に変身

路上生活者の保護収容施設が設置されるリオのサンバカーニバル会場「サンボードロモ」(写真/ Hudson Pontes/ Prefeitura do Rio )

ブラジルのリオデジャネイロ市のマルセロ・クリヴェッツラ市長は3月29日(日)の会見発表で、新型コロナウイルス感染拡大の防ぐ政策のひとつとして、リオのサンバカーニバルの行進会場「サンボードロモ」の施設内に仮説ベットを設置して、路上生活者を保護するための収容を開始すると発表した。

収容は3月30日(月)から始められ、高齢者、妊娠中の女性、子どもを連れた女性が優先されるという。

仮説住居の準備中が行われる「サンボードロモ」内部(写真/ Marco Antônio Rezende/Prefeitura do Rio )

「サンボードロモは、路上で生活している人々を保護する場所となります。高齢者、妊娠中の女性、子どもを優先します。皆さんにとって、清潔さと食糧が保たれる避難所となるでしょう」(マルセロ・クリヴェッツラ市長)

サンボードロモは、毎年2月~3月ころに開催されるサンバカーニバルの行進が行われるスタジアム。スタンドの下部には複数の部屋があり、カーニーバルのシーズンオフには職業訓練の専門コースなど、市が運営する学校やワークショップ会場として利用されている。

教室として利用されている部屋に準備されたベット(写真/ Marco Antônio Rezende/Prefeitura do Rio )

収容は26日に、リオデジャネイロ都市清掃局(COMLURB)によって清掃と消毒が行われ、その後、リオ市社会人権保護局(SMASDH)によって8つの教室が臨時収容施設として改装された。この施設では400名が収容可能となるという。

(文/麻生雅人)

■関連記事
マラカナンも想定。ブラジルで、新型コロナウイルス感染症の病床不足対策で競技場や見本市会場を野外病院に
サンパウロ州 新型コロナウイルス感染対策で 受刑者の刑務作業によるマスクを生産を開始
医師が、新型コロナウイルス感染者の一部に、嗅覚や味覚が失われる事例を報告
ブラジルで、26歳の青年が新型コロナウイルス感染症で死亡
世界各国のセレブが、新型コロナウイルス感染拡大防止や救済のために寄付。ブラジルではシューシャ、エドゥアルド・コスタなどが行動

このエントリーをはてなブックマークに追加