ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

新型コロナウイルス感染症で作詞家のアウヂール・ブランキが死去

ジョアン・ボスコ(左)とアウヂール・ブランキ(右)(写真/ Divulgação )

エリス・ヘジーナの歌で有名な「酔っ払いと綱渡り芸人」などの作詞でも知られるブラジルの著名な作詞家アウヂール・ブランキ(73)が、5月4日(月)未明、リオ市北部ヴィラ・イザヴェウ地区のペドロ・エルネスト病院でCovid-19により死去した。現地メディア「G1」などが伝えている。

アウヂール・ブランキは4月10日にリオ市南部のレブロンにある地域救急診療所(CER)に入院した後、15日にペドロ・エルネスト病院に搬送されていた。

22日に新型コロナウイルス感染症の検査で陽性であることが判明、家族がメディアに公表していた。

アウジールの妻マリさんも新型コロナウイルス感染症の症状があり、4月21日に中央地区のサンタテレーザにあるカーザ・ジ・サウージ・サンジョアン・ジ・デウス病院に入院したという。

アウヂール・ブランキ・メンデスは1946年9月2日、リオデジャネイロ市生まれ。1966年に医科大学に入学して精神医学を専門に学んだが、1973年、音楽に専念する道を選んだ。

共作者だったシンガーソングライターのジョアン・ボスコと共に、「酔っ払いと綱渡り芸人」、「バーラ・コン・バーラ」、「海のメストリ・サラ」などを残している。

(文/麻生雅人)

■関連記事
オスクレンなどアパレルブランドがマスクや白衣を製造
ホープ・ランジェリーがオンラインストアで「母の日キャンペーン」SALE
デリ&テイクアウトで、おうちでシュハスコ(シュラスコ)。あの限定バーガーも!
ブラジルの新型コロナウイルス感染症による死者は7,000人超えるブラジルの新型コロナウイルス感染者、8万人超える

このエントリーをはてなブックマークに追加