ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ボウソナーロ大統領、陽性反応後のインタビューで「コロナは雨」

写真は7月4日(土)、ブラジリア。アメリカ合衆国の独立記念日を祝う昼食会でボウソナーロ大統領(写真中央)をはじめ参加者がマスクを着用していなかった行ったと「フォーリャ・ヂ・サンパウロ」などが報じた。左はエルネスト・アラウージョ外務大臣(写真/Nóbrega/PR)

7月7日(火)、ブラジルのジャイール・ボウソナーロ大統領は、新型コロナウイルス感染症の検査で陽性反応だったと「オ・グローボ」、「UOL」をはじめ現地メディアが伝えている。

“高齢者や健康に問題のある人は注意を払わなければならないが、経済活動は止めるべきではない”という立場をとっている同大統領は、症状回復後にメディアに対し行ったインタビューで「このウィルスは雨みたいなものだ」と語ったと「UOL」が伝えている。

「このウィルスは雨のようなもので、誰にでも降りかかります。(中略)ある人々はこの現象に注意を払わなければいけません。健康上の問題がある特定の年齢の人たちは一度感染しただけで死に至る可能性が高いのです」(ジャイール・ボウソナーロ大統領)

日曜に不調を訴えた同大統領は、月曜には38度の発熱があったという。

「体調がすぐれない感覚は日曜にはじまり、月曜に疲労感と不調を感じて38度の熱がありました。専属医師がcovid-19の感染を示唆したため病院でCT検査を受けました。医療チームは、ヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンの投与を決定しました。夜中に何度か目覚めて、夜明けには気分が回復して、朝5時に2度めの薬を服用しました。現在は調子はいいです」(ジャイール・ボウソナーロ大統領)

また同大統領は、病気を予防するには、以前から推奨しているヒドロキシクロロキンについても有効だという意見を述べた。

「私は昨日と比べすっかり元気で散歩したい気分です。ヒドロキシクロロキンの投与はほとんどすぐ効果がありました。医師たちは言っています。早い段階でヒドロキシクロロキンを投与することで治癒する可能性はほぼ100%です」(ジャイール・ボウソナーロ大統領)

ただしヒドロキシクロロキンは、米食品医薬品局(FDA)が同薬品の新型コロナウイルスの治療に対し効果が乏しいとして、6月15日に医療現場での緊急使用認可を取り消したと報じられている。

7月7日(火)の20時に「オ・グローボ」、「G1」、「エシトラ」、「フォーリャ・ヂ・サンパウロ」、「UOL」、「エスタード・ヂ・サンパウロ」 によるメディア連合は各紙で、ブラジルにおける新型コロナウイルスの感染者数は過去24時間で4万8,584人確認されたと報じている。

7月7日(火)20時の時点での発表は以下。

累計感染者   1,674,655人 (7月6日:1,626,071人)
新規の感染者    48,584人 (7月6日: 21,486人)

累計死亡者    66,868人 (7月6日:  65,556人)
新規の死亡者   1,312人 (7月6日:    656人)

(文/麻生雅人)

■関連記事
科学者グループが新型コロナウイルスに関する共同意見書を提出。公共交通機関での密集は要注意
リオ市でバーやレストランが営業を再開。夜の街では密集も
クラフトカシャッサで在日ブラジル人の支援を
リオ市、露店やヘアサロンが営業を再開
ブラジルの新型コロナウイルス感染者、160万人を突破

このエントリーをはてなブックマークに追加