ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

PFLがグローボ放送網と独占プロバイダー契約を締結

(画像提供/(C) PFL)

UFC、Bellatorに次ぐ人気を誇る総合格闘技(MMA)のプロモーション、PFL(プロフェッショナル・ファイターズ・リーグ)が、4月1日(木)、ブラジルの大手メディア企業グローボ放送網と、来たる2021シーズンのブラジル国内における独占コンテンツプロバイダーとして提携したことを発表した。

この4月より、PFLが開催するリーグの各ライブイベントは、グローボが運営する格闘技チャンネル「コンバット」のプラットフォーム(有料テレビチャンネル、ウェブサイト、アプリ、ソーシャルネットワーク)を通じて、シーズン形式で視聴できるようになる。

PFLのピーター・マレーCEOは「ブラジルでナンバーワンのメディア企業であるグローボが、4月23日から始まるPFLの2021レギュラーシーズン、プレーオフ、チャンピオンシップイベントを発信する本拠地となることを発表でき、嬉しく思っています。ブラジルのMMAファンはPFLの長期に及ぶシーズンを見ながら、ヘビー級のレジェンドであるブラジル人ファイター・ファブリシオ・ベウドゥム、カムバックした2度のライト級王者ナタン・シュルチを含む、地球上で最高のファイターたちの旅を目の当たりにすることができるでしょう」と述べている。

また、グローボのコンバットスポーツ&コンバットチャンネルの責任者であるハファエウ・グルエンバウンは「我々の目標は、情熱的なブラジルの視聴者に、最高のコンバットスポーツの世界を提供することです。PFLは我々のポートフォリオを強化します。そして何百万人ものブラジルのファンに素晴らしいコンテンツを提供することができる機会に、非常に興奮しています。この提携によって、我々はコンペティションに積極的に関わっていき、アスリートをサポートしていくことになるでしょう」とコメントしている。

PFLの2021年シーズンは、元UFC王者ファブリシオ・ヴェウドゥム、2度のライト級王者ナタン・シュルチをはじめ、ヒーナン・フェレイラ、マリアナ・モライス、シェイモン・モラエス、RIZINにも参戦経験のあるブルーノ・カッペローザなど、多数のブラジル人ファイターの参戦が予定されている。

日本ではPFLのFacebookページで配信が予定されている。

(記事提供/Hexagon News、文/Viviane Yoshimi)

■関連記事
【RIZIN】パトリッキー・“ピットブル ”・フレイレが大晦日直前に語る RIZINの思い出。「RIZINはユニークな体験だった」
【RIZIN.27】ホベルト・サトシ・ソウザ試合後インタビュー。「わたしにとって、ベルトは金メダルのようなもの」
【RIZIN.22】ホベルト・サトシ・ソウザ選手がTKO勝利
【RIZIN.27】クレベル・コイケ試合後インタビュー。「簡単に勝っているように見えるかもしれないけど、試合はいつだって簡単じゃない」
サンパウロで違法“密”集会、続々と摘発

このエントリーをはてなブックマークに追加