ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

リオ市で、ファヴェーラの住環境が改善され家賃値上がり。追われた人々が新たなファヴェーラを形成

ファヴェーラ ノヴァ・トゥフィ

「このコミュニティの家賃は今、高くなっている。450~500ヘアイス(レアル)で、それは私たちには払うことができない。だからここに来た」と語るのは介護士のシルリー・マルコス・ダ・シウヴァさん。シルリーさんは母親と娘、ふたりの孫と一緒にここに住んでいる。

「平均的な金額だと思いますが、900ヘアイス(レアル)を稼いでいます。でもこの金額の中から家賃と食糧にかかるお金を払うことができない」(シルリーさん)

路上生活をしていたが、ここを紹介されてやってきた家族たちもいる。

ペルナンブッコ州出身のエリザンジェラ・アンドラーヂ・サンターナさんは「3人の子どもたちと共に5か月、路上で生活していた。仕事仲間がここを紹介してくれて、住み始めて7か月になる。神がここから救いだしてくれると信じている」という(次ページへつづく)。

(記事提供/Agência Brasil、写真/Fernando Frazão/Agência Brasil)
写真は10月16日、ノヴァ・トゥフィ。シルリー・マルコス・ダ・シウヴァさん

■関連記事
西アフリカのエボラ流行、チョコレート価格に影響か/
ワールドカップ終了後、リオ市に留まる外国人は6万9300人増加
ブラジル、2014~2015年のサマータイムは10月19日から2015年2月22日まで
サンパウロにブラジル初の讃岐うどん専門店がオープン
まだ春なのに…猛暑日続くサンパウロで観測史上最高を記録

1 2 3 4 5
このエントリーをはてなブックマークに追加