ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

アクリ州リオブランコ市、市内名所がイルミネーションで飾られる

エウリコ・ガスパール・ドゥトゥラ広場

リオブランコ宮殿前に広がるエウリコ・ガスパール・ドゥトゥラ広場。広場の東側にはジェトゥーリオ・ヴァルガス大通りが通っている。

リオブランコ宮は、リオブランコ市の都市化に貢献した州知事ウーゴ・カルネイロによって1930年代に建造された。建築のはじまりは1930年で、途中から役所として機能していたが、最終的に完成したのは1948年とのこと。建築を手掛けたのはアントニオ・ヂアス・ヒベイロ(次ページへつづく)。

エウリコ・ガスパール・ドゥトゥラ広場

(文/麻生雅人、写真/Gleilson Miranda/Secom)

■関連記事
商品流通税優遇エリアもある、ブラジル最西端のアクレ(アクリ)州
没後20周年。イパネマ海岸にアントニオ・カルロス・ジョビン像がお目見え
干ばつのブラジルで、水位の下がった湖から古い町の教会が出現
ブラジルで新手のカード犯罪登場。旅行者も要注意!
サンパウロに「金太郎飴」専門店がお目見え

1 2 3 4 5
このエントリーをはてなブックマークに追加