ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

「先住民の日」、各部族が国会に集結。民族衣装で権利を主張

先住民の日を前に先住民が抗議

少数派の先住民は長い間差別を受けてきたこともあり、人権問題には敏感で、自分たちの権利が侵されるような出来事があると、民族衣装に身を包み、議会に押しかけることもある。時には半裸で手に槍を持って登場することもあるため、驚いて逃げ出す議員もいるほどだ。

議会に大挙した先住民たちは、先住民保護区を定める管轄を変えるとの憲法改正法案に抗議するため、14日から、省庁ビルが集まるエスプレナダ・ドス・ミニステリオス(省庁の散歩道)の真ん中にある芝生でキャンプを張ったメンバーだ。

先住民保護区の制定は法務省直轄の国立インジオ保護財団(Funai)の管轄だったが、問題の憲法改正案は、この管轄を議会に移すといった条項を含んでいる(次ページへつづく)。

先住民の抗議

(記事提供/ニッケイ新聞、写真上/Lula Marques/Fotos Públicas、写真下/Valter Campanato/Agência Brasil)
写真は4月14日、ブラジリア。「先住民の日」(4月19日)を前に、先住民保護区を定める管轄を変えるとの憲法改正法案に抗議する先住民

■関連記事
住宅購入用融資より高く。連邦貯蓄銀行が利息引上げ
ブラジル各地でデモとスト。ブラジリアでは、先住民族と軍警察が衝突、先住民族は弓矢で応戦
ジウマ大統領の支持率、下げ止まる。弾劾を訴える国民の多くはジウマ氏が罷免された場合、何が起こるかまで理解していない!?
2016年リオ五輪のホテルになるはずだった建物からの不法占拠者立ち退き執行で、警察と住人が衝突
フラネリーニャ(自称「車の掃除人」)、道路の公共スペースをインターネットで売出す

1 2 3 4 5 6 7
このエントリーをはてなブックマークに追加