ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

オリンピック・パラリンピック開催地リオデジャネイロ案内3クアドラ探訪

IMG_8118

クアドラの入場料はイベントにもよって変化しますが、30~50レアル(約900~1500円)くらい。夜22時頃からスタートすることが多いです。入場料は各エスコーラ・ヂ・サンバにとって、大切な活動資金となる場合も少なくありません。

クアドラ内には軽食やドリンクの売店はありますが、しっかり食事をとる場所という雰囲気ではないので、心配な方は夕食を済ませておくか、クアドラ前などにある出店や屋台で腹ごしらえをしてから入場することを勧めます。焼きそばやサラダ・ヂ・フルッタス(カットした果物にコンデンスミルクやシロップをかけたもの)がとっても美味しいです!

また、クアドラにロッカーはないので、荷物は必要最小限に。動きやすい(踊りやすい?)服装で出かけることをお勧めします。

クアドラ内には、チームの公式グッズを扱う売店もあります。日本ではなかなか手に入らない名門エスコーラのユニフォームや小物などはリオ観光の記念になりますし、お土産にも最適です。

イベントは明け方まで盛り上がることしばしば。体力がある人はもちろん朝まで、途中で脱落しても周辺にはタクシーが頻繁に通りますので、乗車し帰宅できます。

くれぐれも深夜早朝にひとりで歩かないよう注意してください。

さて、この夏のクアドラのイベントは…(次ページへつづく)。

(写真・文/柳田あや)

■関連記事
ミス・ムンド・ブラジル2016はゴイアス州出身の26歳
リオデジャネイロ、オリパラ公式キャラクターがレゴに
オリンピック・パラリンピック開催地リオデジャネイロ案内2 サンタテレーザ地区
オリンピック・パラリンピック開催地リオデジャネイロ案内2 サンタテレーザ地区<4>
オリンピック・パラリンピック開催地リオデジャネイロ案内2 サンタテレーザ地区<2> リオ名物の路面電車

1 2 3 4
このエントリーをはてなブックマークに追加