ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

トニーニョ・オルタ、約13年ぶりにブルーノート東京に出演

トニーニョ・オルタ (左)とヂアナ・オルタ・ポポフ (写真提供/ブルーノート東京)

キャリア50年を迎えたミナスジェライス州出身のギタリスト、トニーニョ・オルタが、2006年のカート・ローゼンウィンケルとの共演ステージ以来、約13年ぶりにブルーノート東京のステージに立つ。

今回のステージは、トニーニョの姪にあたりユーリ・ポポフの娘でもある、ミナスジェライス州出身の気鋭の女性歌手 ヂアナ・オルタ・ポポフ との共演となる。

ヂアナは2018年にアンドレ・メマーリのプロデュースによる2作目「 アモール・ヂ・ヴェルダーヂ 」(ラティーナ)を発表して話題になったばかり。

TONINHO HORTA featuring
DIANA HORTA POPOFF
トニーニョ・オルタ
featuring ヂアナ・オルタ・ポポフ

DATE & SHOWTIMES
9月24日(火)

[1st]Open 5:30pm / Start 6:30pm [2nd] Open 8:20pm / Start 9:00pm

MEMBER

Toninho Horta(g,vo) トニーニョ・オルタ(ギター、ヴォーカル)
Diana Horta Popoff(p,vo) ヂアナ・オルタ・ポポフ(ピアノ、ヴォーカル)
Mathias Allamane(b) マチアス・アラマン(ベース)
Yoichi Okabe(ds) 岡部洋一(ドラムス)

詳細は ブルーノート東京HP まで。

(文/麻生雅人)

■関連記事
ヤマンドゥ・コスタ、エドマール・カスタネーダとの共演でブルーノート東京に再登場
ジョイス、2019年の来日公演は「ボサノヴァ・ソングブック」。ゲストはゼー・ヘナート
82歳の鬼才トン・ゼー、奇跡の初来日!
「すぐに歌えるボサノヴァ(新版)」発刊に向けてクラウドファンディングで支援を募集
これがカイピリーニャのトラディショナル・スタイル・レシピだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加