ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ジョイス、2019年の来日公演は「ボサノヴァ・ソングブック」。ゲストはゼー・ヘナート

ジョイス・モレーノ(左)とゼー・ヘナート(右)(写真提供/コットンクラブ)

すっかり夏から秋にかけての風物詩となったジョイス・モレーノの来日公演。2019年はボサノヴァの名曲に取り組む構成になるという。

そしてジョイスの公演では、スペシャルゲストの存在も楽しみのひとつ。これまでも、ブラジル音楽界のレジェンドから隠れた才能まで、実に様々な音楽家がジョイスによって日本に紹介されてきた。

2019年は、コーラス・グループ、ボッカ・リヴリの一員としても知られるシンガー・ソングライター、 ゼー・ヘナート がゲストとしてツアーに同行する。

70年代から現在までMPBの最前線で活躍し続けるシンガーソングライター、 ゼー・ヘナート は、アル・ディメオラのアルバムやツアーに参加するなどワールドワイドで活躍を続ける一方で、90年代以降は、サンバの継承にも取り組み続けている。

ジョイスや彼女のバンドとも親交は厚く、 最新作「ベベドウロ」の収録曲「サコペンパン」にもジョイスが参加している。 ZRトリオではトゥッチ・モレーノと共演しているほか、トリオのアルバムにはジョイスとの共作曲「プラ・ヴォセ・ゴスタール・ヂ・ミン」が収録された。

同曲はジョイスも自身のアルバム「トゥード」で取り上げている。

今回、ボサノヴァをテーマにしたショウを行うことについてジョイスは下記のメッセージを日本のファンに届けている。

—- 私はリオの音楽を聴くために生まれました。

子供の頃は伝統的なサンバ、思春期はボサノヴァ。私の家族も愛していたジャズやクラシックと並んで、リオのスタイルは私の絶対的なお気に入りでした。

私が10歳の時、テレビでアントニオ・カルロス・ジョビン作曲、ヴィニシウス・ヂ・モライス作詞による映画『黒いオルフェ』のメインテーマである「フェリシダーヂ」を歌うジョアン・ジルベルトのパフォーマンスを見ました。その時、私は天啓を受けたのです。抑えきれない感情を胸に、自分の部屋へ駆け込み祈りました。いつの日か私が今テレビで見たような音楽や歌詞を書くことができますように、そして歌って演奏ができますようにと。私は自分の人生の指針を見つけたのです。

そして数年後、私は幼年期の英雄達—ジョビン、ヴィニシウス、そしてジョアンと出会い、友人になるのです。ジョビンとヴィニシウスはどちらもとても気さくで、すぐに仲良くなりました。しかしジョアンは違って、一人を好む一匹オオカミでした。それでもメキシコやニューヨークで彼と会ったり、話したり、一緒に過ごす機会が何度もあったことを今でもうれしく思っています。

私はかつて、「ボサノヴァはブラジルにあるべき」と言っていました。ブラジル以上に繊細さと美しさを兼ね合わせた、約束された地はないと。

ですが今、その美しい国はこれまで以上に理想からかけ離れているように見えます。それゆえ、なおさら私はボサノヴァを歌わなければならないと思うのです。ジョアン・ジルベルトをはじめ、ジョビンまたヴィニシウス達の音楽は不滅です。私たちは今、彼らが残した素晴らしい遺産を尊重する必要があります。

今回の日本公演では、私なりにアレンジをした彼らの素晴らしい音楽をお届けしようと思います。

特別ゲストとして、今ブラジルで最も素晴らしい声を持つ一人、作曲家、ギター・プレイヤーでもあり、“Boca Livre”のリードシンガーとしても知られる ゼー・ヘナート をお迎えします。彼と一緒に美しいボサノヴァの楽曲を探求し、再び時が経っても色褪せない名曲達を生き返らせます。また、現在 ゼー・ヘナート と作っている曲も少し披露いたします。きっとボサノヴァの偉人達のスタイルを深く感じ取ってもらえるでしょう。

ボサノヴァは生きている!

ジョイス・モレーノ

JOYCE MORENO sings “Bossa Nova Songbook” with special guest ZÉ RENATO
ジョイス・モレーノ sings “ボサノヴァ・ソングブック”with special guest ゼー・ヘナート

●コットンクラブ(東京・丸の内)
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/joyce-moreno/

9月6日(金)
[1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
[2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm

9月7日(土)
[1st.show] open 4:00pm / start 5:00pm
[2nd.show] open 6:30pm / start 8:00pm

自由席 8,500円~

●モーション・ブルー・ヨコハマ(神奈川 横浜)
http://www.motionblue.co.jp/artists/joyce/

9月8日(日)
[1st] open 3:00pm / start 4:15pm
[2nd] open 6:00pm / start 7:15pm

自由席 7,500円~

●ブルーノート東京(南青山)
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/joyce/

9月12日(木)~9月13日(金)
[1st] open 5:30pm / start 6:30pm 
[2nd] open 8:20pm / start 9:00pm

自由席 8,500円~

(文/麻生雅人)

■関連記事
「第3回C1グランプリ」抽選結果発表に
82歳の鬼才トン・ゼー、奇跡の初来日!
「すぐに歌えるボサノヴァ(新版)」発刊に向けてクラウドファンディングで支援を募集
「ボテッコ・ボンフルート」が週末ランチを開始
これがカイピリーニャのトラディショナル・スタイル・レシピだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加