ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルのグラフィッチ・アーティスト、スリッキスが日本で個展開催

「artwork dog 」 RAFAEL SLIKS (写真提供/Jinkinoko Gallery)

サンパウロ出身のアーティスト、ハファエウ・スリッキス(ラファエル・スリックス)が、8月24日(土)から日本のギャラリーで個展を開催する。

1990年代から路上に記すタグで存在感を示していたハファエウ・スリッキスは、タグを独自のスタイルのグラフィッチに進化させ、人物の肖像画や写真とスプレー文字をミックスさせた作風で注目を集めた。 近年は世界各国で展覧会やワークショップを開催している。

「photo 」 RAFAEL SLIKS (写真提供/Jinkinoko Gallery)

展覧会「RAFAEL SLIKS solo exhibition “Affective Memories”」は8月24日(土)~9月1日(日)、JINKINOKO GALLERY (渋谷区猿楽町22ー1)にて開催。開場時間は12時~20時、8月24日(土)のみ18時~。

ギャラリーのサイトはhttp://www.jinkinokogallery.com。

(文/麻生雅人)

■関連記事
アサイーの造血機能性に関する研究発表会、開催される
ジョイス、2019年の来日公演は「ボサノヴァ・ソングブック」。ゲストはゼー・ヘナート
トニーニョ・オルタ、約13年ぶりにブルーノート東京に出演
「すぐに歌えるボサノヴァ(新版)」発刊に向けてクラウドファンディングで支援を募集
82歳の鬼才トン・ゼー、奇跡の初来日!

このエントリーをはてなブックマークに追加