ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

【RIZIN.20】パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ選手試合後インタビュー

ライト級GP決勝を戦ったパトリッキー・“ピットブル”・フレイレ選手 (写真提供/RIZIN/ ©RIZIN FF)

2019年12月31日(火)さいたまスーパーアリーナにて格闘技の祭典「RIZIN.20」が開催され、ライト級GPの決勝でブラジルのパトリッキー・“ピットブル”・フレイレ選手とアゼルバイジャンのトフィック・ムサエフ選手が対戦した。

1Rは大接戦の打ち合いに。

ライト級GPの決勝第1ラウンド (写真提供/RIZIN/ ©RIZIN FF)

2Rには打ち合いを嫌がるように、ムサエフがタックルをするとムサエフが両手を持ったままパトリッキーが進み、場外に落ちてしまった。その際にムサエフサイドがパトリッキーに触れたとのことで、ムサエフにはイエローカードが出された。

3Rも激しい打ち合いののち、試合は判定決着に持ちこまれた。

ライト級GPの決勝第3ラウンド (写真提供/RIZIN/ ©RIZIN FF)

ハイレベルな決勝戦の判定は3-0でムサエフが勝利を収めた。

試合後パトリッキー選手は試合の感想を話した。

ライト級GPの決勝を戦ったパトリッキー・“ピットブル”・フレイレ選手(左)とトフィック・ムサエフ選手 (写真提供/RIZIN/ ©RIZIN FF)

「厳しい戦いになると思っていいました。2Rにイエローカードが出た時点で有利かなと思いましたが、3Rは負けたかなと思いました。言い訳ではないですが悔しいです。ムサエフ選手に勝つのが一番難しいと思っていました」(パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ選手)

パトリッキー選手は、実は準決勝で手を骨折していたと明かした。ムサエフ選手も準決勝で指を骨折していたと明かしていた。パトリッキー選手はムサエフ選手のけがには気づいていたという。

「2Rに攻撃をしたときに、ムサエフ選手はとても痛そうにしました。それからは足をつかんでくるようになったので、けがをしたのではないかと思いました」(パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ選手)

またパトリッキー選手は自分のホームであるBellator のケージでムサエフ選手と再戦したいですか? という問いに「もちろんやってみたい」と即答した。

最後に日本の印象についても質問がおよび、日本への思いを話した。

「日本で試合ができたことについては、説明できないほどの気持ちを持っています。日本のような熱心なファンはどこにもいません。わたしの仕事をみなさんに見せ、新しいファンも獲得できたと信じています。今日のような歴史に残る試合をもっと刻みたいと思っています」(パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ選手)

(文/Viviane Yoshimi)

■関連記事
【RIZIN.20】ブラジル人ファイター対決はピットブル選手に軍配
【RIZIN.20】ジョン・マカパ選手 試合後インタビュー
【RIZIN.19】パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ選手、試合後インタビュー。「勝者は一人。わたしはわたしの試合をします」
【RIZIN.20】ルイス・グスタボ選手、試合直前インタビュー
ルイス・グスタボ、クリスティアーノ・フロリッチ両選手、「RIZIN.15」試合後インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加