ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

Huluプレミアでグローボのドラマ「刑務官(Carcereiros/JAILERS/ジェイラーズ)」を配信

4月2日から配信がはじまる「刑務官(Carcereiros/JAILERS/ジェイラーズ)」(画像提供/HJホールディングス)

日本初上陸の海外ドラマを続々と紹介しているHuluプレミアが、ブラジルのグローボ放送網が製作したシリーズドラマ「刑務官(Carcereiros)」を、4月2日(木)から日本語字幕版と吹き替え版で配信する。

日本での番組名は「JAILERS/ジェイラーズ」となる。

「刑務官(Carcereiros/JAILERS/ジェイラーズ)」はストリーミングサービスGloboplayで2017年に配信され話題になったシリーズドラマ(シリーズドラマはテレノヴェラと異なり、歴史や社会問題が題材となることが多い)。

オリジナルのシーズン1(12話)が配信された後、2018年にテレビグローボで放送された際に、新たに3話が加えられ、計15話が放送された。2019年にはシーズン2が放映された。

ドラマは、医師兼作家のドラウジオ・ヴァレイラが2012年に発表した同名小説にインスパイアされて作られている。

ドラウジオ・ヴァレイラは医師として刑務所内でのヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染対策のプロジェクトに参加した経験をもとに、刑務所を舞台にした小説をいくつか発表している。1作目となった「Estação Carandiru」(1999年)はベストセラーとなり、エクトール・バベンコ監督の手で2003年に映画化(「カランジル(Carandiru)」)されている(日本ではDVDで発売された)。「刑務官(Carcereiros)」は刑務所シリーズの2作目となる。

ドラマ版「刑務官(Carcereiros/JAILERS/ジェイラーズ)」は、町で最も危険と言われる刑務所を舞台に、若き歴史学者だった主人公アドリアーノが、父親の影響で刑務官となり、暴動、麻薬、脱走、殺人、汚職など、刑務所内で巻き起こる様々な問題に立ち向かう物語。アドリアーノは、やがて父親が抱える問題とも対峙することになる。

アドリアーノを演じるのは「Salve Jorge」(2012)や「Pé na Jaca」(2006)などテレノヴェラでおなじみのホドリゴ・ロンバルディ。

囚人の更生を信じるアドリアーノにとって苦悩すべきことが次々と起こるが、そんな彼を支えるのが刑務官の同僚たち。同僚の囚人のひとり、ヴァウジールを演じるのは、ブラジルのソウル歌手としても知られるトニー・トルナード。

Huluプレミアでブラジルのドラマが配信されるのは今回で2作目。現在すでに「エンジェルズ・シークレット」の邦題で2019年にグローボで放送されたテレノヴェラ「Verdades Secretas」が配信中だ。

「刑務官(Carcereiros/JAILERS/ジェイラーズ)」はHuluプレミア(https://www.hulu.jp/jailers)では4月2日(木)に配信がはじまり、以降、毎週木曜に1話づつ追加される。

(文/麻生雅人)

■関連記事
サンパウロ州 新型コロナウイルス感染対策で 受刑者の刑務作業によるマスクを生産を開始
新型コロナウイルス感染拡大予防政策で。リオデジャネイロのサンバカーニバル会場が、路上生活者の仮設住宅に変身
マラカナンも想定。ブラジルで、新型コロナウイルス感染症の病床不足対策で競技場や見本市会場を野外病院に
医師が、新型コロナウイルス感染者の一部に、嗅覚や味覚が失われる事例を報告
ブラジルで、26歳の青年が新型コロナウイルス感染症で死亡

このエントリーをはてなブックマークに追加