ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

リオのクラフトカシャッサ、ファゼンダソレダージ「ウンブラーナ」&「バウサモ」が日本初上陸

カフェレスジャパン2021会場、ブラジルパヴィリオン。左から5本目がファゼンダソレダージ「ウンブラーナ」、6本目が「バウサモ」(撮影/麻生雅人)

リオデジャネイロ州北部のノヴァ・フリブルゴ市にある豊かな自然に恵まれた山あいの環境で作られているクラフト・カシャッサ、ファゼンダソレダージ。

現在日本には熟成されていないタイプの「プーラ」と、それぞれジェキチバ、イペー、パウブラジルの木の樽で熟成された「ジェキチバ」、「イペー」、「パウブラジル」の計4種類が輸入されている。

これに加え、本国ではすでに発売されている、ウンブラーナの木の樽で熟成させた「ウンブラーナ」、バウサモの木の樽で熟成させた「バウサモ(バルサム)」が日本でも発売されることになった。輸入代理店の株式会社イマイによると、日本上陸は8月頃を予定しているという。

カフェレスジャパン2021 ブラジルパヴィリオン(撮影/麻生雅人)

6月9日(水)から開幕する日本最大級のカフェ・ベーカリー・レストラン専門展「CAFERES JAPAN」のブラジルパヴィリオン カシャッサコーナーでは、日本での発売に先駆け、両銘柄が紹介される。

またカシャッサコーナーではファゼンダソレダージのほか、ウェーバーハウス、カシャーサ・ダ・キンタ、カルバレイラ、カンブサント、キンタ・ダス・カスタネイラス、サントメウ、サンタマルタ、セレッタ、ベーリョバヘイロ、ボアジーニャなど、現在日本に上陸しているカシャッサが並ぶ。

一時期、輸入がストップしていたセアラー州のカシャッサ、イピオカの輸入が再開されたことから、同ブランドの「レゼルヴァ プラタ」、「レゼルヴァ オウロ」も登場する。

【小間番号 A6-16, A6-24】
https://reg-visitor.com/exhibitorFront/search.php?s_id=40&t_id=0&t_no=0&k_cd=201604921&cc=JP

CAFERES JAPANは最新の業界情報、製品、サービスを出展する企業様と外食関連の経営者、開業予定者、食品業界関係者の方々との商談の場として、約600社(予定)が出展し、開催される日本最大級の展示会。

新型コロナウイルス感染拡大予防の為、完全登録制となります。来場ご希望の方は公式HPより事前登録を。

【事前登録】
http://cl.am.md/?SLHQ_7_u9534479493_7aaef

CAFERES JAPAN 2021
会期:6月9日(水)~11日(金)10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 青梅展示棟
東京都江東区青海1丁目2-33
最寄り駅:りんかい線 東京テレポート駅
ゆりかもめ  青梅駅、お台場海浜公園駅

(文/麻生雅人)

自然の多様性とボタニカルな魅力が香るサトウキビを原料とした ブラジル原産の蒸留酒「カシャッサ」
日系3世の料理研究家ヒラタ・マリさん死去
駐日ブラジル大使館の壁面にモニカと仲間たちが登場
“イパネマの娘”、ワクチン接種受ける
アマゾンフルーツで健康力UP。「アマゾンプロテクター」とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加