ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ジャブチカーバのカイピリーニャ

(写真/サバラー市ジャブチカーバ・フェスティバル/Divulgação)

ブラジルには、独特の特徴を持つご当地フルーツが存在する。木の幹に直接、実ることで知られる果実ジャブチカーバ(ジャボチカバ)も、そのひとつ。

ブドウとブルーベリーを掛け合わせたような外見とさわやかな甘みと柑橘のような芳香を持つ、紫色の果実ジャブチカーバ。木の幹にびっしり実がなる姿は、知らないと一瞬ぎょっとしそうだが、ミナスジェライス州を中心に主に南東部ではポピュラーな果実だ。

写真はミナスジェライス州サバラー市のジャブチカーバ。サバラーは、この果実の名産地としても知られている。

ブラジルの“スピリッツ”、カシャッサをベースにしたカクテルには、ブラジルの特産品を使ったレシピもいくつか存在するが、ジャブチカーバのレシピもある。

サンパウロ市のボヘミアンの街ヴィラ・マダレーナにあるレストラン「Cozinha com Z(コジーニャ・コン・ジー)」のメニューに、ジャブチカーバのカイピリーニャがある。レシピを考案したのはミクソロジストのマルコス・ミニョットさん。

<材料>
ジャブチカーバ 150g
ライム 2切れ
バジルの葉(小さめ) 5枚
カシャッサ 90ml
砂糖 コーヒースプーン2杯

<作り方>
シェイカーに、バジル、ジャブチカーバ、ライム、砂糖を入れてシェイクする。続いて、カシャッサ、氷も加えてシェイクする。

ジャブチカーバは日本では静岡県の西川農場で生産されている。

(文/カシャッサ麻生、写真/Festival da Jabuticaba de Sabará/Divulgação)

■関連記事
ディアジオが「麗しき黒人女性」という名のカシャッサを販売停止に
リオのキリスト像、カシャッサを発売
ラテンアメリカ最大のビール製造会社アンベブがビール以外のアルコール飲料部門設立
ブラジルで、カカオの果肉から作られた蒸留酒が誕生
ブラジルは世界で3番目のビール消費国

このエントリーをはてなブックマークに追加