• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルで6月の第一日曜日はワインの日

ワインの日

日本ではソムリエ協会が毎月20日をワインの日と定めてますが、こちらブラジルのワインの産地として知られるリオグランデ・ド・スール(リオグランジドスウ)州では、ただ今ワイン・フェステイバルが盛んです。

州の観光省とワイン協会が定めたワインの日は毎年6月の第一日曜日ということになってます。さっそくその様子を覗きに街に繰り出しました。

こちらの州にはイタリア移民が多く暮らしていて、田舎に行けば移民の間で代々受け継がれて来たブドウ農園があり、その農園ごとにワイン工場があります。

有名なベント・ゴンサウヴェス市ではワイン・ツアーも開催していて、各地から観光客が集まります。しかし今回は、ポルトアレグリ市内で筆者がよく行く散歩コースでもあるガゾメトロでも開催していましたので、そちらへ。

ワインの日

ガゾメトロのワインのイベントは3日から7日までで、ショーあり、ワイン教室あり、試飲も出来て、割引でお気に入りのワインもゲット出来ます。各地からのワインが集まっていて、試飲してる間にほろ酔い気分になりました(笑)。あっちこっち立ち寄り、どれもデリーシア!!

日本でも味わえるのかな!? ブラジル、リオグランデ・ド・スール州産のワインを見つけたらぜひ味わってみてください。

カーサ・ヴァルドゥーガ

(文/土居 清光エミリオ、記事提供/土居 清光エミリオFacebook、写真(ワインの日)/土居 清光エミリオ、写真一番下(カーサヴァルドゥーガ)/麻生雅人)
※土居清光エミリオFacebookではさらに多くの写真も紹介しています

写真1番目、2番目はガゾメトロのワインの日イベント。
写真1番下は、日本で飲めるリオグランジドスウ州ベント・ゴンサウヴェス産ワイン「カーサ・ヴァルドゥーガ」。伊勢丹新宿店で開催中のブラジルウィーク「BRASIL FANTÁSTICO! 祝彩楽園 ブラジル」(6月9日(火)まで)新宿店本館地下1階フードコレクションなどで販売中

■関連記事
ブラジルの動物や民衆の姿を刺繍で表現するクラリッシ・ボリアン
ブラジルに住むどうぶつたちが可愛いぬいぐるみに!
ブラジルには、日本語の本だけを置いた図書館がある
シュハスコの国ブラジルで肉の値段が高騰
気鋭デザイナー、カリン・フェラーのカラフルなアクセに注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

土居清光エミリオ Emilio Kiyomitsu Doi 神奈川県横浜市生まれの浜っ子。7歳のときに、父が描いた夢と共に家族でブラジルに移民。約1か月の船旅でサンパウロに上陸、以降11年間サンパウロで生活を送る。その後、一度日本に帰国するも、多感な思春期の頃を過ごしたブラジルでの生活が忘れられず、再移住を決意。現在、念願の永住権を取得してガウーショに囲まれながらリオグランジドスウ州で生活中。Facebookでブラジルのさまざまなことを紹介中(https://www.facebook.com/kiyomitsuemilio.doi)。