ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの復活祭「パスコア」の語源は!?

semna santa

スーパーマーケットにたまご型のチョコレートのお菓子が並ぶパスコアの話題。今回は、語源や日付けのお話です。

2014年は4月20日がパスコア(復活祭、英語圏ではイースターとも)。復活祭はキリスト教の信者にとっては、誕生日(クリスマス)と並び重要な日なのだそうです。

パスコア(復活祭)の日の前日までの1週間はカトリックではセマーナ・サンタ(聖週間)と呼ばれ、この期間はミサや行進など、敬虔な祭事が執り行われるのだそうです。

リオデジャネイロ州が運営する教育サイト「コネクサォン・アルーノ」によると、Páscoa パスコアの語源はユダヤ教のPessach ペサックとのこと。ペサックはユダヤ教では重要な祝祭で、ラムセス2世の時代の古代エジプトで奴隷となっていたユダヤ人たちが奴隷の身から解放され自由になったことを祝う8日間に渡るお祭りなのだそうです。

パスコアの語源となったペサックは、ユダヤ人にとっては、新しい人生に向かう道、という意味なのだそうです。解放されて新たな人生を始める、いわば生まれ変わりを祝う言葉が、キリスト教におけるイエス・キリストの復活と、その後の新しい人生を祝う概念に、結びついたようです。

ユダヤ人であるイエス・キリストはペサックなどユダヤ人が持っている習慣を大事にしていたそうです。実はレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画で有名な“最後の晩餐”も、イエス・キリストが自分の弟子たちとペサックを祝っている晩餐だとする説があるそうです。ヨハネ福音書は、最後の晩餐が行われた日とペサックの時期と一致していることを明確に示しているそうです。

イエス・キリストは神の子であり、人々を苦しみから救い、彼らの罪を背負うためにこの世に使わされた--それゆえ神はイエス・キリストをユダヤ教のペサックの日を選んで復活させた、とされているそうです。

(文/麻生雅人、写真/Getty Images)
写真は2014年4月18日、パラチーで行われたセマーナ・サンタ(聖週間)の祈り

■関連記事
ブラジルの食文化がこの1冊に。「おいしいブラジル」刊行
ブラジルチョコレートの、3つのカテゴリーとは!?
ブラジルではパスコア(イースター)でも高級グルメチョコレートが話題
フルッタフルッタが期間限定ショップ「アサイーカフェ ショコラッチ」をオープン