ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル、今年の「恋人の日」商戦は苦戦!? それでもラインナップ続々。チョコレートでは高カカオ含有チョコも注目!?

高カカオ含有チョコ

ブラジルにおけるチョコレートの嗜好は、基本的には依然として、フルーツ、ナッツ、クリーム入りのフレーバーチョコレートや、ビスケットと組み合わせたチョコレート菓子を好まれる傾向があります。タブレットでは、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートなど甘いチョコレートが人気です。

ところがここ数年、健康や美容への関心の高まりとともに、カカオ含有率の高さを売りにするチョコレートが市場に出回るようになりました。

ちなみに、ブラジルのチョコレートは、使用する原料によって、以下のように分類されます。

Chocolate branco ホワイトチョコレート
Chocolate ao leite ミルクチョコレート
Chocolate meio amargo セミスウィートチョコレート
Chocolate amargo スウィートチョコレート
Chocolate com 「~%」 de teor de cacau  カカオ「~%」チョコレート

また、「G1」(2014年2月18日づけ、電子版)によると、輸入チョコレートの需要も急激に高まっていまるそうです。同紙によると、2013年のチョコレート輸入量は前年比20%増の2万トン、輸出量は同5%減の3万トンだったそうです。

今後、ブラジル人の経済力の向上、健康や美容などへの配慮、ブランド志向の高まりから、一般向けチョコレート、専門店チョコレート、ブランドチョコレートの3カテゴリーの差別化がますます顕著になるものと思われます。

(文/井川裕美子、写真提供/Mendoá)
メンドア社、カカオ率60~70%の高カカオチョコレート

■関連記事
銀座三越で6月4日(木)からブラジルフェア 「アブラッソス・ド・ブラジル! ~ブラジルの抱擁~」スタート
東海地方の人気スーパーマーケット「ザ・アミーゴス」は、食文化を通じた異文化交流ステーション
ブラジルの定番チョコ菓子ブリガデイロと日本の抹茶がミックス!「Yumiyummy の抹茶ブリガデイロ」
ロッテからブラジルをテーマにしたチョコレート「オンショコラ リオのフルーツサンバ」が登場
山芳製菓の「ポテトチップス ブラジリアンBBQ味」は、あのソウルフードの味!?

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

井川裕美子 Yumiko Ikawa  2010年、ブラジル人との結婚を機に、ブラジル南部のサンタカタリーナ州に移住。大の甘党で、自称スウィーツホリック。特にチョコレートをこよなく愛する。地元のチョコレート工場で働いた後、自宅にてブラジル産有機カカオバターとカカオパウダーを使った高カカオチョコレート作りを始め、カカオのおいしさに目覚める。チョコレートの真髄であるカカオを肌で知るため、バイーア州イタカレのカカオ農園を訪れる。チョコレートを通じた日本とブラジルのさらなる交流拡大を目指し、チョコレート大使として、まずはブラジル産チョコレートを日本に普及すべく尽力中。

連絡先はyikawa79@yahoo.co.jp