ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

コパカバーナやイパネマでお馴染み、リオの舗道の模様デザイン展

リオの石畳

また、舗装工によるワークショップやセミナーも予定されており、6月15日からは正しい舗装の方法を教えるポルトガルのプロフェッショナルによる舗装工職人コースの教室も開催される。

リオ市役所はワークショップを利用して市内のポルトガル石のリサイクル補修を行いたいと考えている。コースの修了過程で、舗装工は、リオ市南部のエンヒッキ・ラジェ公園にある美術学校のコンクールで選ばれた新しいデザインの石畳を設置する計画とのこと。

リオ石畳

「都市の模様とカリオカのイメージ」展は、火曜から金曜は朝10時~夕方17時半まで、土・日曜、祝日は午後14時~18時まで。入場料は8ヘアイス、日曜は無料。会場はリオデジャネイロの国立歴史博物館(リオデジャネイロ市旧市街区(セントロ)、プラッサ・キンジ付近のマレシャウ・アンコラ広場)。

(記事提供/Agência Brasil、写真/Fernando Frazão/Agência Brasil)

■関連記事
サンパウロの街中に巨大な缶アートが出現
NHK FMがブラジル文化の紹介番組「ブラジルまるかじり紀行2」を6月14日(日)に放送
リオのカーニバル、2016年の行進スケジュールが発表に
ネイマール、「ワールドサッカー ウィニングイレブン2016」でパッケージに起用される
「世界のベストレストラン50」2015年版発表。日本とブラジルは2軒づつランクイン

1 2 3 4
このエントリーをはてなブックマークに追加