ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

感動のリオ五輪開会式を振り返って

リオ五輪 開会式

注目の歌手だが、ボサノバの父アントニオ・カルロス・ジョビンの孫であるダニエウ・ジョビンによるボサノヴァの名曲「イパネマの娘」の弾き語り、サンバの大御所ゼッカ・パゴジーニョなどが先だって出ていたが、メインでは、バイーア出身の大御所ジウベルト・ジウ、カエタノ・ヴェローゾ、そして今ブラジル国内でセクシー歌姫として大人気のアニッタが歌ったのだ。

ブラジルにもいろいろな人気女性歌手がいるが、アニッタが選ばれた。これは、人気のバロメーターになるだろう。

そして、最終聖火ランナーが聖火を点灯し、クライマックスを迎えたのだった。

リオ五輪 聖火

最終聖火ランナーは大方の予想のペレではなく、2004年アテネ五輪男子マラソンの銅メダリスト、バンデルレイ・デ・リマだった。コースに乱入した観客に妨害された選手だ。そのシーンはよく覚えている。

これから約2週間、眠れない日々が続くことになるだろう。特に大好きなブラジル、リオデジャネイロの美しい街を舞台にした五輪は、私にとっても格別である。自分なりに、十分に楽しんでいきたいと思う。

(文/コウトク、写真/Roberto Castro/Brasil2016)

■関連記事
オリンピック・パラリンピック開催地リオデジャネイロ案内4 コルコバードの丘、キリスト像と登山鉄道
オリパラ期間中の移動にはこれ! 公共交通機関の「リオカード」
ホテル日航福岡で真夏のブラジルフェア開催
夕食はムケッカ。ホテル椿山荘東京のリオ五輪宿泊プラン
リオ五輪サッカーブラジル男子、2戦目もスコアレスドロー。大丈夫かブラジル!?

1 2 3 4