ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サプライズの嵐!? 2017年のサウゲイロ

工藤めぐみ サウゲイロ

「グローベレーザ」の放送局でもあり、カーニバルの生中継を担当しているブラジル最大のTV局グローボが主催するサンバ界の人にとってはかなりの名誉な賞「エスタンダルチ・ヂ・オウロ・カルナヴァウ(カーニヴァル・金の栄光賞、といったニュアンス)」で、なんと、最優秀パシスタ・アーラ賞にサウゲイロのパシスタが選ばれました!

さらに嬉しい事に、個人での受賞で、サウゲイロのメンズダンサー、エメルソンが最優秀パシスタ賞、団体旗を持つポルタ・バンデイラとペアで行進してポルタ・バンデイラをサポートするメストリ・サラのシジクレイが最優秀メストリ・サラ賞を受賞しました。 サウゲイロの仲間の受賞、すっごい嬉しい!

こんなご褒美が待っていたなんて…。

母に「今回、頑張って来てほんまによかったね! 」とひとこと言われた時、本当にそうだと思いました。

やらないで後悔するぐらいなら、やって後悔したい! これを 実行に移してきて、良かったです。

明日のコンテスト結果発表で上位6位に入賞したチームは、 今週の土曜にチャンピオンパレードが待っています。

コミュニティのみんなの笑顔が見られます様に…。

応援して下さったみなさん、本当にありがとうございました。

(写真・文/工藤めぐみ)

■関連記事
サウゲイロ ラストショー2017
武蔵大学で、3.11を「グローバル」な視点から見つめる映像作品を上映
ムケッカなどの郷土料理が並ぶ「ブラジル美食祭」赤坂見附で3月開催
2017リオのカーニバル写真集(2)グランヂ・ヒオ
2017リオのカーニバル写真集(1)パライーゾ・ド・トゥイウチ

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

工藤めぐみ Megumi Kudo 9歳よりクラシックバレエを基礎にサンバを始める。2008年にリオデジャネイロの名門エスコーラ・ジ・サンバ「サウゲイロ」のパシスタのオーディションに合格。2009年~2011年、2013年~2014年に同団体のパシスタとして、リオのカーニバルに出場している。「サウゲイロ」の選抜メンバーによるサンバショーのメンバーでも、唯一の日本人として参加している。帰国中は、プロフェッショナルのダンサー(SMAPドームツアー、山下智久コンサートのサンババックダンサーなど)や、ダンスインストラクターとして活躍。神戸にてダンス教室「MEGUサンバダンス」を主催するほか、地元のサンバチーム「Feijão Preto(フェジョン・プレット)」のダンサーリーダーも務める。神戸まつり、浅草サンバカーニバルをはじめ全国のサンバ関連イベントでも活躍。

「Feijão Preto(フェジョン・プレット)」http://www.feijaopreto.net/
「MEGUサンバダンス」http://www.feijaopreto.net/sambadance.htm