ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

テイストメイドがブラジルに「テイストメイドカフェ」をオープン

tastemade

全世界で2.5億人の月間視聴者数を持ち再生回数30億回超を誇るというコンテンツプラットフォームTastemade(テイストメイド)はブラジルでも大人気を博している。

2012年にロサンゼルスで設立され、日本では2016年6月からオリジナルコンテンツの制作を開始している。

同社が制作・配信する「シズル感を強みとしたオリジナルレシピ」や「エンターテイメント性の高いトラベル・ホーム&デザイン・ビューティー」など、多岐に渡るジャンルの動画は世界中で人気を博し、現在では合衆国(ロサンジェルス)、ブラジル(サンパウロ)、アルゼンチン(ブエノスアイレス)、英国(ロンドン)、フランス(パリ)、日本、中国、インドネシアの8か国に拠点に展開している。

日本に先駆け2013年に創設されたテイストメイド・ブラジルは料理のレシピや地方の文化などを発信してSNS大国の同国でまたたくまに圧倒的な支持を得た。盛り上がりつつあったガストロノミーブームと旅行ブームの中で、国内外の地域に根差した文化への興味が高まっていたことも、テイストメイドの人気を後押ししたようだ。

地元紙「ヴェージャ・サンパウロ」によると2016年には視聴者数が600%増だったという。2017年11月初旬までにブラジル国内の会員は60万人を超えた。

tastemade

そして2017年4月、サンパウロ市内ヴィラマダレーナ地区に常設の実店舗「テイストメイド・カフェ」(サンパウロ市ヴィラ・マダレーナ、アルモニア通り661)を、世界に先駆けオープンした。15,383,458回の視聴数を誇った「ニンジンのケーキ」など、視聴数の高かったレシピにもとづいたメニューなどが提供されている。

またブラジルの都市部で近年増えているグルメコーヒーが味わえる店のひとつとしても親しまれている。HARIO v60を使ったWolff Caféのドリップコーヒーは一杯8レアル(約240円、1レアル30円で換算)。

(写真・文/麻生雅人)

■関連記事
クラフトカシャッサのECサイトが150%の成長
名門ウェーバーハウスがプライベート・クラフトカシャッサのサービスをスタート
ブラジルでもおなじみ”パレッタ”専門店「GINZA SIX」に登場
ブラジルの国民酒「カシャッサ」とは何か<1> カシャッサはブラジルの法律で定められたのみもの!?
クリチーバ市のシェフがカチグア種のコーヒー豆を販売

このエントリーをはてなブックマークに追加