ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

【コパアメリカ2019】ブラジルの快勝で開幕!

2019年から使用されるセレソン・ブラジレイラの新しいユニフォーム(写真/ Lucas Figueiredo /CBF)

6月14日(金)21:30(日本時間15日(土)9:30)、コパアメリカ ブラジル大会が、サンパウロのモルンビースタジアムで開幕した。

今回の大会は、ブラジルの5都市6会場で行われる。

北からフォンチノーヴァ(サルヴァドール)、ミネイラォン(ベロオリゾンチ)、マラカナン(リオデジャネイロ)、コリンチャンスアリーナ(サンパウロ)、モルンビースタジアム(サンパウロ)、グレミオアリーナ(ポルトアレグリ)である。

ほとんどが、2014年W杯ブラジル大会で使用されたスタジアムで、数多くの熱戦が繰り広げられた。

しかし、そんな中、W杯では使用されなかったサンパウロのモルンビースタジアムが、開幕戦の会場に選ばれたのだ。

モルンビースタジアムは、普段、サンパウロFCのホームスタジアムとして使用されている。収容人数は約68,000人で、ブラジルではリオのマラカナンに次ぐ大きさだ。

2014年W杯ブラジル大会のために新設されたコリンチャンスアリーナができるまでは、サンパウロのスタジアムといえば、このモルンビーと公営のパカエンブースタジアム、そしてブラジル1部の名門チーム、パウメイラスのホームスタジアムであるパルキアンタルチカが挙げられる。

自前の大型スタジアムを持っていなかったブラジル屈指の人気チーム、コリンチャンスは公営のパカエンブースタジアムをホーム代わりに使用していた。

サンパウロで大きな試合が行われるのは、決まってモルンビーかパカエンブーだった。サンパウロで、ブラジル代表戦が行われるのも、その収容人数の関係からほとんどモルンビーだった。

また、サンパウロ市から約70キロ離れたサントス市にホームを構えるサントスFCは、サントス市内にあるホームスタジアムの収容人数が約15,000人と小さく、ホームアンドアウェイで行われるリベルタドーレス杯での決勝戦では、モルンビーもしくはパカエンブーをホームスタジアムとして試合会場として選ばれていた。

そんなモルンビースタジアムで、ブラジル対ボリビアの開幕戦が行われた。

ネイマール、そしてバルセロナで活躍する期待の若手、MFアルトゥールも負傷でメンバーから外れたブラジルが、どのようなメンバーでどのような攻撃を繰り広げるのか注目の一戦だった。

GK、DF、MFは、今までの実績ある選手が並んだ。

しかし、FWには、フィルミーノ(リバプール)は順当だが、若手のリシャルリソン(エバートン)とダヴィド・ネーレス(アヤックス)が先発した。

ブラジル代表のユニフォームは、白を基調に青のアクセントが施されたものだった。

初めて見るユニフォームだが、ちょうど100年前の1919年にブラジルがコパアメリカで初優勝したときのユニフォームらしい。見慣れないが、なかなかかっこいい。

さて、試合は、ブラジルが一方的に攻めるもゴールが奪えない。

前半をスコアレスで終えたブラジル代表に対し、スタジアム中の観客からはブーイングの嵐が巻き起こっていた。

後半早々、試合が動いた。

後半5分、PA内でのボリビア選手のハンドにより、ブラジルがPKを得て、MFコウチーニョがゴールを決めたのだ。

ネイマール不在の中、エースは俺だ、とアピールするように、PKのキッカーを務め、見事にゴールを決めたのだ。

そして、その3分後、フィルミーノからのクロスを、またもやコウチーニョが頭で決めて、一気に2-0となった。

そして、終盤の後半40分、MFダヴィド・ネーレスに代わって入ったエヴェルトン(グレミオ)がPA外45度の角度から放ち、きれいな弧を描いたシュートはゴールマウスに入っていった。

結局終わってみれば、3-0でブラジルの快勝。ブラジルにとってこれ以上ないいスタートを切ることができた。

既に開幕し3日間が過ぎており、他の国の初戦はどうだっただろうか。

ブラジルの最大のライバル、アルゼンチンは、コロンビア相手に0-2で敗れている。

古豪ウルグアイは、エクアドル相手に4-0と快勝している。

そして、日本はいよいよ17日(月)20:00(日本時間18日(火)8:00)にディフェンディングチャンピオンであるチリと対戦する。

どのような戦いが繰り広げられるか、今から、とても楽しみだ。

■関連記事
金沢21世紀美術館で、ブラジルの豊かな自然が育む食文化やカシャッサに関するトークショーを開催
6月29日(土)、表参道でフェスタジュニーナ開催。 クァドリーリャやマルシェも
ブラジルフェスティバル2019は7月20日(土)、21日(日)に開催。テーマは「Rio to Tokyo」
お騒がせネイマール、コパブラジルは欠場へ
リー・リトナー、デイブ・グルーシンの「ハーレクイン」リユニオン・バンド来日公演にイヴァン・リンスが参加

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

コウトク  2005年6月~2012年6月まで仕事の関係で、ブラジルに在住。ブラジル在住当時は、サッカー観戦に興じる。サントス戦については、生観戦、TV観戦問わずほぼ全試合を見ていた。2007年5月のサンパウロ選手権と2010年8月のブラジル杯のサントス優勝の瞬間をスタジアムで体感。また、2011年6月のリベルタドーレス杯制覇時は、スタジアム近くのBarで、大勢のサンチスタと共にTV観戦し、優勝の喜びを味わった。現在、スポーツナビのブログ「ブラジルサッカーレポート」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kohtoku/)を執筆中。